*

QUADRAL RHODIUM200 試聴記 余録 

公開日: : RHODIUM200, 試聴記, CLASSIC, QUADRAL

QUADRAL RHODIUM200は残念ながら販売終了ですが、
幸い試聴機はいまだに家にあります(^^;。
このお盆には返却しなければなりませんが、
先月の大阪北部地震の影響で1台がひっくり返り、
横面に小さな傷がついてしまいました。
スピーカーの性能には全く影響ありませんが、
軽めのブックシェルフは地震対策をしないとだめかもしれません。

相変わらず中古LPの蒐集に励んでいる小生は、
最近、CDやダウンロード、ストリーミング音源には、
ほとんど手を出さなくなってしまいました。
LP再生の面白さに、すっかりはまってしまったようです。
ただ、CDでしか入手できない新しい録音や、
中古LPが入手しずらい、
あるいは中古LPが高価で手が出ないものもありますので、
CDで聞いている録音も多々あります。

そんな折、前にも触れましたが、
今、小生はオーマンディ・ルネッサンスで、
オーマンディの安い中古LPを探しては手を出しています。
今までヨーロッパのオーケストラを聞くことが多かったのですが、
さすが全盛期のフィラデルフィア管弦楽団の凄さ、
オーマンディの優れた指揮に目覚めてしまった...
ということでしょうか。

考えたら、
小生が子供の頃、
優秀なオーケストラはアメリカに多かったような思い出があります。
オーマンディ&フィラデルフィア、
バーンスタイン&ニューヨーク・フィル
ライナー&シカゴ響、
セル&クリーヴランド、
ミュンシュ&ボストン響、
パレー、ドラティ&デトロイト響などが代表的で、
その他、ピッツバーグ響やロサンジェルス・フィル、
サンフランシスコ響などなど、他にもたくさんあり、
レコードで接してきたオーケストラは数多いです。
アメリカの底力ってすごいですね。
小生は昔からセル&クリーヴランドが大好きで、
今もいろいろ聞いています。

オーマンディの録音は非常に数が多く、
買っても買ってもきりがありませんので、
コンプリートに揃えようという気はありません。
見つけた時にピンときたら財布と相談で買う程度です。
でも、国内ではなかなか見つからないLPもあり、
海外のサイトで購入しているものもありますから、
何をかいわんや...ですが。

最近、入手したLPに、
ドヴォルザーク/交響曲第9番「新世界より」の、
ステレオ2回目の録音があります。
オーマンディは4回同曲を録音していて、
2回はモノラル、あと2回がステレオです。
ステレオ1回目の録音では、
オーケストラはフィラデルフィア管弦楽団ではなく、
ロンドン交響楽団でした。
フィラデルフィア管弦楽団よりも響きがタイトで、
いい演奏であることは確かですが、
やはりフィラデルフィア管弦楽団の演奏で聞きたいなぁ...
というのが正直なところでした。

ただ、オーマンディの「新世界より」は、
何だか当たり前の定番のような先入観があり、
敬して遠ざけていたようなところがありました。
ロンドン響との演奏録音をちゃんと聞いたのも、
ごく最近です(^^;。

そして、2回目のステレオ録音となる、
1976年のフィラデルフィア管弦楽団との「新世界より」...。
第1楽章から、驚きの連続でした。
オーマンディの楽曲に対する入れ込み方、
恫喝するようなダイナミックレンジなど、
これはオーソドックスと呼べるような演奏録音ではなく、
オーマンディが「新世界より」の新しい地平を拓いていった...
とでも言えそうな凄い演奏録音でした。
第2楽章など、
オーマンディとフィラデルフィア管弦楽団にしか出せないであろう、
寂寥感の表出ぶりです。
さらにすごいのが、録音の優秀さです。
アナログ期最後の方の録音の凄さが部屋を満たしました。

「新世界より」というと、
ステレオでは、
イシュトヴァン・ケルテスの2つの録音や、
カラヤンの3つの録音などが小生には頭に浮かびあがりますが、
オーマンディの演奏録音は、
それらを上回るかもしれないパワーとクオリティを秘めています。
これほど凄い演奏録音を、
今まで聞いて来なかったとは、
自分の不明を恥じるばかりですが、
年齢を重ねてこういう体験をすると、
何だか新鮮な驚きで嬉しいですね。

RHODIUM200は、
この優秀な演奏録音をしっかりと再現してくれました。
販売終了というのは残念ですね。
フロア型スピーカーのようなスケールの広大さはありませんが、
価格帯を考えると、
ブックシェルでは大変優秀なスピーカーだと思います。
もし、中古などで見つけたら、
ブックシェルフが欲しい方には即買いでお勧めします。

kna_baka_syuzo


【製品概要】
小さな筐体に驚愕のサウンド
RHODIUM(ロディウム)200は、そのコンパクトな価格・筐体からは信じられないサウンドを提供します。
周波数特性は38000Hzまでを確保、ハイレゾやSACDの繊細な音や倍音を豊かに再生、低域もバランスよく再現します。
ドイツの名門オーディオメーカー”クアドラル”が誇る技術とノウハウが惜しげもなく投入されたRHODIUM200は同社の入門機でありながら高度な音楽再生能力を持った、未来志向のブックシェルフ・スピーカーです。
【スペック】
RHODIUM 200(ロディウム 200)
形式:2ウェイ
基本デザイン:バスレフ
連絡許容入力(W):60W
最大許容入力(W):90W
周波数特性(Hz):40~38,000Hz
クロスオーバー周波数(Hz):2,100Hz
インピーダンス(Ω):4Ω
ユニット構成:Tweeter: φ25mm Aluドーム型トゥイーター
Woofer: φ135mm Titanium-PP
サイズ(W+H+D)cm:15.5cm x 29.4cm x 25.7cm
重量(kg)/台:5.1kg/1台
背面:ゴール度コンタクトシングル・ターミナル
仕上げ:マットブラック
価格:98000円(税抜ペア)

関連記事

QUADRAL GALAN 9 試聴記 その1

QUADRAL AURUMシリーズの一番小さなスピーカー、 GALAN 9を自宅で試聴する

記事を読む

AURUM RODAN9試聴記7

AURUM RODAN9の試聴は、Classicのアナログのダイレクトカッティング盤、3枚をチョイス

記事を読む

QUADRAL AURUM SEDAN 9 試聴記その6

今回もクナッパーツブッシュの録音、 DECCAのウィーン・フィルとの「ポピュラーコンサート

記事を読む

QUADRAL GALAN 9 試聴記 その8

アメリカのレーベルMercuryはEverestとともに、 優秀録音で有名です。 小生宅

記事を読む

QUADRAL RHODIUM200 試聴記 その3

小生は室内楽を聞くことも多いので、 まず、 今はなきCALIOPEレーベルの、 ヨ

記事を読む

QUADRAL AURUM SEDAN 9 試聴記その3

ラフマニノフは、 少し前なら小生はほとんど聞かない作曲家でした。 ピアノ協奏曲第2番も、

記事を読む

QUADRAL ASCENT20LE 試聴記 その3

今回はLPで、 アンドレ・プレヴィン指揮ピッツバーグ交響楽団の、 エルガーやハーティが編

記事を読む

AURUM RODAN9試聴記6

今回のRODAN9の試聴は、アナログ盤でレポートしようと思います。 アナログディスクも録音年代を問

記事を読む

QUADRAL GALAN 9 試聴記 その3

小生の聴く音楽の本丸(^^)。 ハンス・クナッパーツブッシュ指揮による、 ワーグナー「ニ

記事を読む

QUADRAL GALAN 9 試聴記 その6

今回でクナッパーツブッシュの音源試聴はラストです(^^;。 ハンス・クナッパーツブッシ

記事を読む

QUADRAL RHODIUM200 試聴記 余録 

QUADRAL RHODIUM200は残念ながら販売終了ですが

QUADRAL RHODIUM200 試聴記 その5

オーディオ機器の試聴会によく使われる音楽に、 リヒャルト・シ

AURUM TITAN9を聴く

3月よりダイナミックオーディオ5555 4FにてAURUM TITAN

QUADRAL RHODIUM200 試聴記 その4 一家に1台パラメトリックイコライザー

今、以前なら考えられなかったことをいろいろ実験中です。 あら

QUADRAL RHODIUM200 試聴記 その3

小生は室内楽を聞くことも多いので、 まず、 今はなきC

→もっと見る

  • 住所
    〒559-0031123
    大阪府大阪市住之江区南港東1-2-16
    ネットワークジャパン株式会社


PAGE TOP ↑