*

「 CLASSIC 」 一覧

QUADRAL AURUM SEDAN 9 試聴記その9

アンプをAccuphase E-306Vから、 LUXMAN L-540に変えてみました。 本当はL-540ではなく、 上位機種のL-570が欲しかったのですが、 当時価格が自分には高

続きを見る

QUADRAL AURUM SEDAN 9 試聴記その8

今回は日本での録音を2つ。 2つともあまり一般的なCDではなく、 ひとつは自主制作盤、 もう一つは元の発売会社がなくなってしまい、 廃盤になって、 他のマイナーな会社から出ている(かも知

続きを見る

QUADRAL AURUM SEDAN 9 試聴記その7

SEDAN 9は古楽器の演奏録音にもいいのでは? ということで、ロンドン・バロックの ヘンリー・パーセル/弦楽によるファンタジア集を聞きました。 1983年の録音ですから、 まだ古

続きを見る

QUADRAL AURUM SEDAN 9 試聴記その6

今回もクナッパーツブッシュの録音、 DECCAのウィーン・フィルとの「ポピュラーコンサート」です。 1960年、クナッパーツブッシュDECCAへの最後の録音です。 古いキングレコード盤(

続きを見る

QUADRAL AURUM SEDAN 9 試聴記その5

知人からクナッパーツブッシュの古いLPの板起しCDRが届き、 それを聞いているうちになんだか懐かしくなり、 自分が音楽を聞く主戦場たる、 クナッパーツブッシュの残された音源に手を伸ばしま

続きを見る

QUADRAL AURUM SEDAN 9 試聴記その4

今回は合唱曲を聞いてみました。 フォーレとデュリュフレのレクイエムです。 ミシェル・コルボ指揮ベルン交響楽団の、 最初に録音したフォーレ/レクイエムは1972年の録音です。 L

続きを見る

QUADRAL AURUM SEDAN 9 試聴記その3

ラフマニノフは、 少し前なら小生はほとんど聞かない作曲家でした。 ピアノ協奏曲第2番も、 ごくたまにスヴャトスラフ・リヒテルのDG盤を聞く程度でした。 演奏者にとって難易度の高い楽曲だ

続きを見る

QUADRAL AURUM SEDAN 9 試聴記その2

前回、スピーカーのセンター位置の割り出しに、 「モノラル音源が楽」と書いたのですが、 考えたらアンプのステレオ/モノラル切り替えスイッチを使えばよい、 ということに気が付きました(^^;

続きを見る

QUADRAL AURUM SEDAN 9 試聴記その1

今回から、 QUADRALのハイエンド・ブックシェルフ型スピーカー、 AURUM SEDAN 9の試聴記です。 SEDAN 9が我が家にやってきて、 パソコン部屋にとりあえず置きま

続きを見る

QUADRAL ASCENT20LE 試聴記 その10

今回でASCENT20LE試聴の最後です。 ASCENT20LEを試聴してきて感じるのは、 これは同価格帯の小型ブックシェルフスピーカーでは、 スタンダードともいえる製品だということ

続きを見る

QUADRAL AURUM SEDAN 9 試聴記その9

アンプをAccuphase E-306Vから、 LUXMAN

AURUM RODAN9試聴記6

今回のRODAN9の試聴は、アナログ盤でレポートしようと思います。

QUADRAL AURUM SEDAN 9 試聴記その8

今回は日本での録音を2つ。 2つともあまり一般的なCDではなく、

QUADRAL AURUM SEDAN 9 試聴記その7

SEDAN 9は古楽器の演奏録音にもいいのでは? という

AURUM RODAN9試聴記5

RODAN9の前回の試聴では、アコースティックなソースでの試聴をしまし

→もっと見る

  • 住所
    〒559-0031123
    大阪府大阪市住之江区南港東1-2-16
    ネットワークジャパン株式会社


PAGE TOP ↑