*

帰ってきたASCENT20LE試聴記 その3

公開日: : 試聴記, CLASSIC, QUADRAL, ASCENT20LE

2013年に85歳で亡くなったコリン・デイヴィスは、
一時期、飛ぶ鳥を落とすような勢いがありました。
1970年代から1980年代にかけてでしょうか。
リリースするレコードはどれも素晴らしく、
PHILIPSの録音も優秀であったことから、
当時、レコード雑誌のどれを見ても高評価でした。

ストラヴィンスキーも素晴らしかったですが、
小生はモーツァルトとハイドンから、
デイヴィスの演奏録音に注目し始めました。
特に、アムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団との、
ハイドン/ロンドン・セットの最初の交響曲、
第93番が素晴らしく、
同曲は表題がないため地味なイメージがありますが、
非常に聞き応えのある交響曲で、
デイヴィスの演奏は活き活きとした表情が魅力的です。
第4楽章終結部まで、
間然とすることなく聞くことができます。
デイヴィスは12曲あるロンドン・セットを完成、
その前の交響曲の録音もあり、
どれも優れた成果ですが、
第93番を初めて聞いた時の驚きを、
いまさらながら引きずっています。

CDは手元にありますが、
LPは既に手放してしまいましたので、
国内中古盤LP6枚組ロンドン・セットを再入手、
まず、やはり第93番を聞いて、
初めて聞いた時の感動が蘇りました。
感激と言ってもいいですね。
ご機嫌なサウンドを聞くことができます。
ASCENT20LEで聞いても、
JBL4312で聞いても、
CDとは少し違う音です。
小生は、
「LPの方が絶対いい音だと思っている派」ではありませんが、
デイヴィスのロンドン・セットに関する限り、
LPの方が圧倒的にいい音がします。
まさしく、今、そこで音楽が生まれている...
と言っていいほど、
録音された音、演奏とも活き活きとして素晴らしいです。
これはマスタリングのせいでしょうか?

ハイドンの交響曲は、
演奏録音では古楽奏法が主になっていまい、
コンサートではまだ古いグランドスタイルが生きていますが、
新譜ではなかなか聞けなくなってしまいました。
デイヴィスの演奏録音は、
そのグランドスタイルで演奏され録音された、
ハイドンの交響曲では最も聞かれるべき演奏録音かも知れません。
今の小生には「LPの音で」という注釈が必要になりますが。

コリン・デイヴィスは、
バイエルン放送交響楽団の音楽監督に就任したころから、
少し地味な存在になってしまいました。
日本での公演は空席が目立った...という情報があり、
デイヴィス・ファンとしては残念な思いをしたことがあります。
それに、
デイヴィスには日本で人気の高い、
ブルックナーやマーラーの交響曲の録音が少なく、
その点でも損をしていたのかもしれません。
「全集」と名の付くセットもそれほど多くはありませんし。
でも、
その残された様々な演奏録音を聞くと、
「いい指揮者だったんだなぁ...」と、
改めて思います。

今、ハイドンの交響曲がASCENT20LEでごきげんな音で鳴っています。
ネアカな音楽が多いハイドンの交響曲は、
ロマン派や後期ロマン派のような陰影はありませんので、
日本では爆発的な人気には結びつかないようなところがありますが、
デイヴィス盤をごきげんな音で聞くと、
なんだか力が湧いてくるようです。
これを聞けば、
きっと、ファンが増えるのではないか...
などと思ってしまいます。

ASCENT20LEは、
もっと大規模な編成のオーケストラ録音の再生には、
充分ながらも、
スケール感では少し力不足のところがありますが、
少し規模の小さなハイドンの交響曲などではその力を存分に発揮、
低域から高域まで解像度が高く、
酔うような体験をすることができます。
いいスピーカーです。

関連記事

帰ってきたASCENT20LE試聴記 その1

帰ってきたASCENT20LE...、 と言っても、前に試聴したASCENT20LEではな

記事を読む

QUADRAL RHODIUM200 試聴記 余録その2

QUADRAL RHIDIUM200を外し、 元の友人作ブックシェルフに戻しました。 と

記事を読む

QUADRAL AURUM SEDAN 9 試聴記その12

親子二代にわたって指揮者、 兄弟も指揮者という、 珍しい存在がパーヴォ・ヤルヴィです。

記事を読む

QUADRAL RHODIUM200 試聴記 その4 一家に1台パラメトリックイコライザー

今、以前なら考えられなかったことをいろいろ実験中です。 あらいぐま堂のブログと一部内容がダ

記事を読む

AURUM TITAN9セッティング中!!

来年発売予定のQUADRALフラグシップモデルAURUM TITAN9の試聴会を 大阪 日本橋

記事を読む

QUADRAL GALAN 9 試聴記 その13

GALAN 9は、 室内楽、器楽曲、独唱曲に、 信じられないくらい抜群の威力を発揮します

記事を読む

AURUM RODAN9試聴記1

QUADRAL AURUM RODAN9の試聴をレポートします。 【スペック】 型式

記事を読む

QUADRAL GALAN 9 試聴記 その14

GALAN 9の試聴の最後、 たまにはクラシック以外にと試聴に選んだのは、 アール・クル

記事を読む

QUADRAL GALAN 9 試聴記 その12

今回は弦楽四重奏曲でも、かなり古い録音です。 1937年10月7日に録音された、 ブッシ

記事を読む

QUADRAL AURUM SEDAN 9 試聴記その11

今回、またまたアンプを変えました。 今度は日本の小さなメーカーMUSICAの RAICH

記事を読む

帰ってきたASCENT20LE試聴記 その6

あちこち中古LPを漁って歩いていると、 思いがけず「へー!」と唸るL

オーディオフェスタ・イン・ナゴヤに参加してきました

2月16日・17日、 名古屋で開催された、 オーディオフェ

TOKYO AUDIO BASE2019出展後記 2

26日のTOKYO AUDIOBASE2019のネットワークジャパンの

TOKYO AUDIO BASE2019出展後記 1

先週25日、26日東京 御茶ノ水の「ホテルマイステイズ御茶ノ水」にて開

帰ってきたASCENT20LE試聴記 その5

小生は多くの音楽ファンと話をする機会がありますが、 高名な割

→もっと見る

  • 住所
    〒559-0031123
    大阪府大阪市住之江区南港東1-2-16
    ネットワークジャパン株式会社


PAGE TOP ↑