*

QUADRAL AURUM SEDAN 9 試聴記その3

公開日: : 最終更新日:2017/09/02 試聴記, CLASSIC, QUADRAL, SEDAN 9

ラフマニノフは、
少し前なら小生はほとんど聞かない作曲家でした。
ピアノ協奏曲第2番も、
ごくたまにスヴャトスラフ・リヒテルのDG盤を聞く程度でした。
演奏者にとって難易度の高い楽曲だということは知っていても、
余りにメロドラマでポピュラー...というイメージがありました。
しかし、
カティア・ブニアティシヴィリのピアノ協奏曲第2番と第3番の録音を聞いてから、
俄然関心が湧き、
このところ新旧を合わせてあれこれ聞いています。


今回は新しい録音の方から、
まずアンナ・ヴィニツカヤのピアノ、
クリシストフ・ウルバンスキ指揮
NDRエルブフィルハーモニー管弦楽団盤です。
2016年の録音です。
素晴らしいラフマニノフです。
ピアノ協奏曲はともすれば、
ピアニストの曲芸的演奏に目と耳を奪われてしまうこともあるのですが、
ヴィニツカヤは非常に落ち着いたピアノで、
ラフマニノフ/ピアノ協奏曲第2番の抒情と、
楽曲に込められたラフマニノフの再生の物語を、
余すところなく聞かせてくれます。
ウルバンスキとエルブフィルハーモニーのサポートも見事で、
時にピアノ付き交響曲第2.5番のように聞こえてしまう楽曲を、
競争曲ではなく、しっかり協奏曲として聞かせてくれます。

SEDAN 9ではピアノ音が極めて自然で曖昧さがなく、
ピアニシモからフォルテシモまで、
明晰にその音を聞く音ができます。
ピアノと管弦楽のバランスが非常によい録音で、
ピアノが管弦楽に埋もれてしまうこともなく、
ヴィニツカヤの細やかなタッチまで、
非常にうまく再現してくれます。


もう1枚、
ヴァネッサ・ベネッリ・モーゼルのピアノ、
キリル・カラビッツ指揮
ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団盤を聞きました。
2015年の録音です。
これはどちらかというとジャケ買いなのですが(^^;、
楽曲が始まってすぐ、
ゾクゾクするような感覚に襲われました。
これもまた素晴らしい演奏録音です。
ヴィニツカヤよりもさらにゆったりとした抒情味が豊かで、
歌心がもの凄い演奏だなと思ったら、
モーゼルはイタリア出身で、
子供の頃はイタリアでピアノを学んだ人なのですね。
その美形にだまされるところでしたが、
このラフマニノフの歌は凄味さえ感じさせるほどです。
ピアノと管弦楽のバランスも良好、
SEDAN 9で、
その豊かな音楽にズブズブとはまりながら聞いてしまっています。
まだ小生のラフマニノフ/ピアノ協奏曲第2番の聴取経験は浅い方ですが、
それでもこの歌に溢れた演奏録音は、
楽曲の一面の真理をついているようで、
聞いていて大きな感動を得られました。
ロンドン・フィルもしっとりとした抒情を聞かせてくれます。
第1楽章、第2楽章も素晴らしいですが、
第3楽章でその抒情と歌にノックアウト寸前です。
同じCDに収録されている
「コレッリの主題による変奏曲」の凄味のある演奏を聞いても、
そのことを感じます。
おお!この「コレッリの主題による変奏曲」の録音は、
かなり凄くてオーディオの試聴に使えますね(^^)。
SEDAN 9では、その演奏と音の凄さに恐怖感すら感じるほどです。

このところのラフマニノフ/ピアノ協奏曲第2番は、
録音ラッシュともいえるほどで、
最近、この曲を本格的に聞き始めた小生は、
どれを買ったらいいか迷ってしまい、
結局あれこれを買う羽目に陥って財布が悲鳴を上げています。
また、良否は別にして、
「それにしても美人ピアニストが増えたな」と思います。
もう一つ感じることは、
ブニアティシヴィリをはじめ、
ヴィニツカヤやモーゼルなど、
(クレア・ファンチという異色のピアニストもいますが)、
最近、小生の目に入ってきたピアニストは、
現代音楽をその演奏活動の核に置いていて、
その核をしっかり保ちながら、
ポピュラーなピアノ曲に向かっているということです。
モーゼルなんてその核がシュトックハウゼンですからね、
凄いです。


もう一つ、ラフマニノフ/ピアノ協奏曲第2番の録音、
これも最近リリースされた反田恭平盤は、
ピアノと管弦楽のバランスがイマイチで、
指揮のバッティストーニのやりすぎか...
と、ASCENT20LEで聞いた時には感じていたのですが、
SEDAN 9で聞くとイメージ一新、
反田恭平のピアノ、バッティストーニ指揮による管弦楽とも、
少し重い方向ながらかなりバランスの良い音で、
納得しながら聞くことができました。
これもまた、大変良い演奏ですね。
スピーカーが変わると、
いろいろ聴感上のイメージが変わります。
その良い意味で、
SEDAN 9は今まで聞いてきた音盤の再聴を迫ってきます。


なお、販売はブラックになります。
SEDAN 9

型式:2ウェイ バスレフ型 ブックシェルフスピーカー
定格出力:120W
ミュージックパワー:180W
再生周波数帯域:33Hz~65,000 Hz
クロスオーバー周波数:2800 Hz
能率 (dB/1W/1m):85 dB
インピーダンス:8 Ω
ツイーター:quadral quSENSE® リボン型
ウーハー:180 mm φ quadral ALTIMA®
レベルコントロール:トゥイーター±2dB
外形寸法 (高さx幅x奥行):39 x 23 x 35 cm
重量:14.5 kg(1本)
価格:570,000円(税別・ペア)

関連記事

QUADRAL AURUM SEDAN 9 試聴記その11

今回、またまたアンプを変えました。 今度は日本の小さなメーカーMUSICAの RAICH

記事を読む

QUADRAL GALAN 9 試聴記 その11

フランスには、 器楽曲や室内楽に優れた録音がたくさんあります。 今回のアルバムは、 フ

記事を読む

QUADRAL RHODIUM200 試聴記 その3

小生は室内楽を聞くことも多いので、 まず、 今はなきCALIOPEレーベルの、 ヨ

記事を読む

QUADRAL GALAN 9 試聴記 その8

アメリカのレーベルMercuryはEverestとともに、 優秀録音で有名です。 小生宅

記事を読む

QUADRAL RHODIUM200 試聴記 余録その2

QUADRAL RHIDIUM200を外し、 元の友人作ブックシェルフに戻しました。 と

記事を読む

AURUM RODAN9試聴記4

AURUM RODAN9でヴァイオリンのディスクを聴いてみました。 今回は、3つのフォーマットのデ

記事を読む

QUADRAL AURUM SEDAN 9 試聴記その9

アンプをAccuphase E-306Vから、 LUXMAN L-540に変えてみました。

記事を読む

QUADRAL AURUM SEDAN 9 試聴記その15

今回はギュンター・ヴァント指揮 NDR交響楽団(北ドイツ放送交響楽団)の、 セッ

記事を読む

TOKYO AUDIO BASE2019出展後記 2

26日のTOKYO AUDIOBASE2019のネットワークジャパンのブースには、先週に新譜をリリー

記事を読む

QUADRAL AURUM SEDAN 9 試聴記その12

親子二代にわたって指揮者、 兄弟も指揮者という、 珍しい存在がパーヴォ・ヤルヴィです。

記事を読む

帰ってきたASCENT20LE試聴記 その6

あちこち中古LPを漁って歩いていると、 思いがけず「へー!」と唸るL

オーディオフェスタ・イン・ナゴヤに参加してきました

2月16日・17日、 名古屋で開催された、 オーディオフェ

TOKYO AUDIO BASE2019出展後記 2

26日のTOKYO AUDIOBASE2019のネットワークジャパンの

TOKYO AUDIO BASE2019出展後記 1

先週25日、26日東京 御茶ノ水の「ホテルマイステイズ御茶ノ水」にて開

帰ってきたASCENT20LE試聴記 その5

小生は多くの音楽ファンと話をする機会がありますが、 高名な割

→もっと見る

  • 住所
    〒559-0031123
    大阪府大阪市住之江区南港東1-2-16
    ネットワークジャパン株式会社


PAGE TOP ↑