*

QUADRAL RHODIUM200 試聴記 その5

公開日: : 最終更新日:2018/07/12 RHODIUM200, 試聴記, CLASSIC, QUADRAL

オーディオ機器の試聴会によく使われる音楽に、
リヒャルト・シュトラウスの
「ツァラトゥストラはかく語りき」があります。
日本では1968年11月に公開された映画「2001年:宇宙の旅」で使われ、
それまでほとんど日本では(あるいは世界中で)知られていませんでしたが、
一気に知名度を上げた音楽でもあります。
以来、ムード音楽になったりフュージョンになったり、
エルビス・プレスリーのコンサートの開始音楽になったりと、
いろいろアレンジされました。
クラシックのレコードとしては、
クレメンス・クラウス指揮ウィーン・フィルのDECCA盤、
フリッツ・ライナー指揮シカゴ交響楽団のRCA盤(旧盤)
カラヤン指揮ウィーン・フィルのDECCA盤、
カール・ベーム指揮ベルリン・フィルのDG盤などがありました。
ただ、当時レコード屋さんで購入できたのは、
カラヤン盤くらいしかありませんでしたが。
小生も最初に全曲を聞いたのはカラヤンのDECCA盤でした。
ポリドールからリリーされた映画のサウンドトラック盤には、
ベームの演奏録音が収録されましたが、
これは映画会社とレコード会社の版権の関係で、
実際に映画に使われたのはカラヤン盤であったということ知ったのは、
かなり後でした。

映画の公開で大ヒットした「ツァラトゥストラはかく語りき」ですが、
これまで、いったいどれだけの録音がなされてきたのでしょう?
それこそ、信じられないくらいあると思います。
ステレオ盤以降、
恰好の録音技術の優秀さを謳える音楽ですので、
「超優秀録音」などと宣伝文句の付いた録音も多かったです。
小生もかなりの数の「ツァラトゥストラはかく語りき」を聞いてきましたが、
最近、その録音の優秀さ、演奏のすばらしさに唸ってしまったのが、
ユージン・オーマンディ指揮フィラデルフィア管弦楽団の
3種類の録音です。
オーマンディを見直すのが遅かった小生は、
最近まで知らなかったのですが、
なんと3回、同曲の全曲をセッション録音していたのですね。
1963年 CBS
1975年 RCA
1979年 EMIで、
最後の1979年EMI盤はデジタル録音です。
今回、全部をRHODIUM200で試聴してみました。


今回の試聴では、
すべてCDではなくLPです。
それも、EMI盤以外は国内初出盤ではなく、
何回目かの廉価盤です。
全てColumbiaカーブで聞きました。
ヘッドフォンでも確認しましたが、
RIAAよりもColumbiaカーブの方が合っているようです。
3枚とも非常に優れた演奏録音で驚きましたが、
3枚の中で最もよかったのが、
1975年RCAへの録音です。
オーマンディのリヒャルト・シュトラウスはどれも素晴らしい演奏で、
ヨーロッパでの他の指揮者、オーケストラの演奏録音を凌駕するほどです。
極めてオーソドックスでありながら、
その迫力とともに、
リヒャルト・シュトラウスの巧みなオーケストレーションが、
充実した音の中で堪能できます。
なぜオーマンディが「ツァラトゥストラはかく語りき」を
3回もセッション録音したのか、
その充実度ぶりから分かるようなところがあります。

RHODIUM200でもかなりの鳴りっぷりです。
他に優れた「ツァラトゥストラはかく語りき」はありますが、
現在のところ、
音楽を聞く、あるいはオーディオ的な感興に、
おそらくこれほどフィットする録音はないのではないか、
などと思えてしまいます。

と、ここまで書いたところで、
残念なニュースが入ってきました。
RHODIUM200は本国ドイツで生産完了になってしまったそうです。
まだ少しは日本に残っていると思いますので、
ぜひお問い合わせください。
小型ながら非常に良いスピーカーです。

kna_baka_syuzo


【製品概要】
小さな筐体に驚愕のサウンド
RHODIUM(ロディウム)200は、そのコンパクトな価格・筐体からは信じられないサウンドを提供します。
周波数特性は38000Hzまでを確保、ハイレゾやSACDの繊細な音や倍音を豊かに再生、低域もバランスよく再現します。
ドイツの名門オーディオメーカー”クアドラル”が誇る技術とノウハウが惜しげもなく投入されたRHODIUM200は同社の入門機でありながら高度な音楽再生能力を持った、未来志向のブックシェルフ・スピーカーです。
【スペック】
RHODIUM 200(ロディウム 200)
形式:2ウェイ
基本デザイン:バスレフ
連絡許容入力(W):60W
最大許容入力(W):90W
周波数特性(Hz):40~38,000Hz
クロスオーバー周波数(Hz):2,100Hz
インピーダンス(Ω):4Ω
ユニット構成:Tweeter: φ25mm Aluドーム型トゥイーター
Woofer: φ135mm Titanium-PP
サイズ(W+H+D)cm:15.5cm x 29.4cm x 25.7cm
重量(kg)/台:5.1kg/1台
背面:ゴール度コンタクトシングル・ターミナル
仕上げ:マットブラック
価格:98000円(税抜ペア)

こちらからもご購入可能です。

小さな筐体に驚愕のサウンド!RHODIUM200

関連記事

QUADRAL GALAN 9 試聴記 その11

フランスには、 器楽曲や室内楽に優れた録音がたくさんあります。 今回のアルバムは、 フ

記事を読む

QUADRAL ASCENT20LE 試聴記 その9

ASCENT20LEの試聴も残り少なくなってきましたが、 今回は声楽を聞いてみました。

記事を読む

QUADRAL AURUM SEDAN 9 試聴記その3

ラフマニノフは、 少し前なら小生はほとんど聞かない作曲家でした。 ピアノ協奏曲第2番も、

記事を読む

QUADRAL RHODIUM200 試聴記 その2

毎度おなじみ、試聴には必ず使う、 ハンス・クナッパーツブッシュとウィーン・フィルによる

記事を読む

クナッパーツブッシュ研究会へ協賛

先日、ドイツの指揮者クナッパーツブッシュ研究会Kna-clubのオフ会「ハンス・クナッパーツブッシュ

記事を読む

AURUM RODAN9試聴記8 スピーカーケーブル交換編

過去のAURUM RODAN9の試聴記には、REALCABLEの普及価格帯のスピーカーケーブルを使用

記事を読む

QUADRAL ASCENT20LE 試聴記 その5

世に一度出たきりで、 その後廃盤になってしまうCDが少なくありませんが、 廃盤になって、

記事を読む

QUADRAL AURUM SEDAN 9 試聴記その2

前回、スピーカーのセンター位置の割り出しに、 「モノラル音源が楽」と書いたのですが、 考

記事を読む

QUADRAL GALAN 9 試聴記 その2

エルネスト・アンセルメとスイス・ロマンド管弦楽団は、 DECCAの黄金コンビでした。 D

記事を読む

AURUM RODAN9試聴記5

RODAN9の前回の試聴では、アコースティックなソースでの試聴をしました。 ですので、今回は趣を変

記事を読む

帰ってきたASCENT20LE試聴記 その3

2013年に85歳で亡くなったコリン・デイヴィスは、 一時期

帰ってきたASCENT20LE試聴記 その2

ビートルズは、 小生が子供のころから、 リアルタイムで接し

AURUM RODAN9試聴記9 スピーカーケーブル交換編2

REALCABLEのスピーカーケーブル CHAMBORD HPのエージ

帰ってきたASCENT20LE試聴記 その1

帰ってきたASCENT20LE...、 と言っても、前に試聴

AURUM RODAN9試聴記8 スピーカーケーブル交換編

過去のAURUM RODAN9の試聴記には、REALCABLEの普及価

→もっと見る

  • 住所
    〒559-0031123
    大阪府大阪市住之江区南港東1-2-16
    ネットワークジャパン株式会社


PAGE TOP ↑