*

AURUM RODAN9試聴記3

公開日: : 最終更新日:2017/07/27 未分類, 試聴記, CLASSIC, QUADRAL, RODAN9

延べ120時間のエージングを終え、AURUM RODAN9のエージングチェックをしてみました。

 

試聴ディスクは下記です。

THE ALLSTAR PURCUSSION ENSEMBLE(CD)
このディスク、1982年にニューヨークでデジタル録音され、2008年にDXD(24bit/352.8KHz)にてリマスターされたアメリカFIMレーベルの銀蒸着仕様盤です。
ボストン響、ニューヨークフィル、フィラデルフィア響、クリーブランド響等の打楽器奏者が集められ録音されています。
使用されている打楽器は、マリンバ、シロフォン、ヴィブラフォンはもとより、ティンパニ、テナードラム、スネアドラム、タンバリン、カスタネット、カウベル、トライアングル、シンバル、アフリカン・ログ・ドラム、マラカス等、多岐にわたっています。
収録曲に関しては、「カルメンファンタジー」や「カノン」等大変親しみやすい内容になっています。

このディスクは、大変な高音質で、「高域から低域のバランス」「ダイナミックレンジ」「音の抜け」「解像度」「音場感」「奥行感」を確認するのにいつも使用しています。
早速、一曲目の「カルメンファンタジー」を聴いてみました。
ところが、まだエージングが足りず、イントロの滲みのないトライアングルが聴けてハッとししたものの、マリンバや打楽器の「音の抜け」が良くありません。
ミッドレンジ、ウーファーの動きがもう一歩なのが確認できました。
はやる気持ちを抑え、前述のザ低音一家「Coloreado」に加え、ジャック・ルーシェの「Plays Bach: The 50th Anniversary Recording」を中心に再生し、50時間ほど追加エージングをしました。

 

合計170時間のエージングを終えて。
一聴して、50時間の追加エージング後の再生音は以前と変わりました。
中低域の「音の抜け」の悪さは見事に解消されていました。
マリンバのパルシブな音色が気持ちよく、ティンパニとテナードラムの重なり合うパートでは、低い帯域の周波数を伴った量感ある低音が押し寄せてきました。
かといって、中域の音抜け感は無く、厚みを持ったマリンバの音色がスタジオのエコーを伴いしっかり聴けます。
高音域は、シンバルやトライアングルの形が良く見えるほどの解像度で、新型リボントゥイーターの性能の良さを感じました。
ミッドレンジとのつながりも大変良く、マリンバと少し硬質なシロフォンの音の違いも感じられます。
このディスクは、スピーカーの帯域バランスが悪いと、ハイ上がりに聴こえたりするのですが、今回の試聴では杞憂に終わりました。

AURUM RODAN9のエージング作業についてはこれで一旦終了とし、今後はお気に入りの音楽ソフトを再生しながら、レポートを続けていこうと思います。

TUNTUN

関連記事

AURUM RODAN9試聴記6

今回のRODAN9の試聴は、アナログ盤でレポートしようと思います。 アナログディスクも録音年代を問

記事を読む

QUADRAL AURUM SEDAN 9 試聴記その12

親子二代にわたって指揮者、 兄弟も指揮者という、 珍しい存在がパーヴォ・ヤルヴィです。

記事を読む

QUADRAL ASCENT20LE 試聴記 その4

今回は2016年6月録音、 グスタボ・ヒメノ指揮ルクセンブルク・フィルハーモニーの、 ブ

記事を読む

AURUM TITAN9セッティング中!!

来年発売予定のQUADRALフラグシップモデルAURUM TITAN9の試聴会を 大阪 日本橋

記事を読む

AURUM RODAN9試聴記2

設置が終わったAURUM RODAN9についてレポートと思いますが、AURUM9シリーズの特徴につい

記事を読む

QUADRAL GALAN 9 試聴記 その1

QUADRAL AURUMシリーズの一番小さなスピーカー、 GALAN 9を自宅で試聴する

記事を読む

QUADRAL AURUM SEDAN 9 試聴記その16

ワーグナーの楽劇からの音楽は、 陶酔するような耽美的な部分があり、 ドイツの伝統的な器楽

記事を読む

QUADRAL ASCENT20LE 試聴記 その8

夏は涼し気な音楽が聴きたくなってしまいますが、 ここは少し暑いともいえる EMIのオット

記事を読む

QUADRAL GALAN 9 試聴記 その3

小生の聴く音楽の本丸(^^)。 ハンス・クナッパーツブッシュ指揮による、 ワーグナー「ニ

記事を読む

QUADRAL GALAN 9 試聴記 その9

ベルギーの作曲家ウジェーヌ・イザイは、 無伴奏ヴァイオリンソナタがことのほか有名で、 多

記事を読む

QUADRAL RHODIUM200 試聴記 余録 

QUADRAL RHODIUM200は残念ながら販売終了ですが

QUADRAL RHODIUM200 試聴記 その5

オーディオ機器の試聴会によく使われる音楽に、 リヒャルト・シ

AURUM TITAN9を聴く

3月よりダイナミックオーディオ5555 4FにてAURUM TITAN

QUADRAL RHODIUM200 試聴記 その4 一家に1台パラメトリックイコライザー

今、以前なら考えられなかったことをいろいろ実験中です。 あら

QUADRAL RHODIUM200 試聴記 その3

小生は室内楽を聞くことも多いので、 まず、 今はなきC

→もっと見る

  • 住所
    〒559-0031123
    大阪府大阪市住之江区南港東1-2-16
    ネットワークジャパン株式会社


PAGE TOP ↑