*

QUADRAL AURUM SEDAN 9 試聴記その2

公開日: : 最終更新日:2017/08/30 試聴記, CLASSIC, QUADRAL, SEDAN 9

前回、スピーカーのセンター位置の割り出しに、
「モノラル音源が楽」と書いたのですが、
考えたらアンプのステレオ/モノラル切り替えスイッチを使えばよい、
ということに気が付きました(^^;。
間抜けな話です。
大昔、ステレオの左右が逆に入っているレコードがあり、
正常な位置で聞くために、
左右のスピーカーを「やっこらせ」と持ち上げ、
移動していたことがありました。
これもスピーカーケーブルを差し替えたら済むことなのに、
何をやっていたんでしょうね(*-_-*)。


SEDAN 9のエージングが進み、
カティア・ブニアティシヴィリの”Motherland”でその変化を聞き比べました。
最初、SEDAN 9が家に来た時、
高域に癖がある音で、
高域に音が固まっているのに抜けない...
という余りよくない状態でした。
キノコの傘が開いた状態といえばよいでしょうか。
ところが1日の稼働時間3時間ほど、
3日で音がかなり変わりました。
さらに約1週間でその高域の癖が全くなくなり、
高域がきちっと抜け、
おそろしく自然な音に変化しました。
普段、音の聞き比べに使っているSTAXのイヤースピーカーと聞き比べても、
遜色のない自然な音色です。
音信号を自分のオーディオ機材からスピーカーに送って、
SEDAN 9が慣れるまで、
最初の頃はそれだけ時間がかかるということのようです。
それに聞いている感覚として、
非常に静かなスピーカーであることに驚きました。
最初のキノコの傘が開いた状態とは大違いです。
弟分のGALAN 9は既に試聴しましたが、
GALAN 9は少しやんちゃなイメージがあったのに対し、
SEDAN 9の落ち着いた鳴りっぷりは、
ASCENT20LEとは異なった音質なのに、
同じようにスピーカーを全く意識せずに音楽に没頭している自分を発見して、
いささか驚きました。
ASCENT20LEに比べると、かなりスケールアップした音です。
少し構えていたのですが...。

QUADRAL日本輸入総代理店であるネットワークジャパンの担当者に聞くと、
SEDAN 9は試聴会泣かせのスピーカーだそうで、
オーディオフェアなどでありがちな少し喧しめの外部ノイズ、
限られた時間での各機器とのエージングと試聴時間で、
その真価がなかなか発揮できないそうです。
小生はありがたいことに、
静かな環境でたっぷり時間をもらっていますので、
鳴らしこみながらその変化を含めて聞くことができています。
これほど質の高いスピーカーを聞いたのは、
久しぶりのような気がします。


今回は小生の試聴の定番、
クナッパーツブッシュによるDECCA盤「ワルキューレ」第1幕です。
これがどのように聞こえるかによって、
そのスピーカーの傾向が分かります。

セッティングの初日に聞いた時から比べ、
大違いの素晴らしい音になっています。
まず前奏曲から、
そのチャンネルセパレーションの良さに唖然としました。
チャンネルセパレーションはアンプによるところが大きいはずですが、
スピーカーでも、
ものすごく変わります。
冒頭のチェロとコントラバスのゴリゴリ感から、
オーケストラが左右に拡がり、低音が増すところでは、
凄い音を聞くことができました。
反対に高域のヴァイオリンのきれいなこと!
全くうるささがありません。
歌手が出てからも見事で、
パースペクティヴが余裕をもって聞こえるためか、
音像がもの凄くリアルです。
それにチェロの悲しげなメロディやヴァイオリンの音色が美しく響くため、
素晴らしく聞きごたえのある「ワルキューレ」第1幕になりました。
クナッパーツブッシュによる管弦楽の素晴らしさと迫力が、
十全に聞こえてきます。

SEDAN 9の弟分GALAN 9ではこの余裕感はありませんでしたので、
GALAN 9よりも大きなリボン・トゥイーターと、
エンクロージャー自体の大きさは侮れません。
フラグスタートやスヴァンホルムの歌声も見事で、
アルノルト・ファン・ミルのバスも余裕のある歌声で聞こえ、
その「ワルキューレ」第1幕の切実な物語がしみ込んでくるようです。
ジークムントの悲しい過去語りの迫力のあること!
「冬の嵐が去り」からの見事さは、
「ワルキューレ」第1幕を聞く喜びに包まれます。
悲劇の中で再会した兄妹の抜き差しならない危険な愛の姿を、
クナッパーツブッシュの管弦楽は雄弁にフォローしてゆきます。
ただの恋愛物語ではない背後に潜む背徳と危うさを、
SEDAN 9は見事に再現してくれます。
これが60年前の録音か?
と、信じられないほどです。
スピーカーを変え、
もの凄い威力の「ワルキューレ」第1幕を堪能しました。
SEDAN 9の威力は想像以上です。


SEDAN 9
型式:2ウェイ バスレフ型 ブックシェルフスピーカー
定格出力:120W
ミュージックパワー:180W
再生周波数帯域:33Hz~65,000 Hz
クロスオーバー周波数:2800 Hz
能率 (dB/1W/1m):85 dB
インピーダンス:8 Ω
ツイーター:quadral quSENSE® リボン型
ウーハー:180 mm φ quadral ALTIMA®
レベルコントロール:トゥイーター±2dB
外形寸法 (高さx幅x奥行):39 x 23 x 35 cm
重量:14.5 kg(1本)
価格:570,000円(税別・ペア)

kna_baka_syuzo

関連記事

AURUM RODAN9試聴記1

QUADRAL AURUM RODAN9の試聴をレポートします。 【スペック】 型式

記事を読む

AURUM RODAN9試聴記8 アンセルメ「三角帽子」比較試聴

先日の日本ハンス・クナッパーツブッシュ研究会への協賛の際、ある会員の方のご自宅にお招きいただき、50

記事を読む

帰ってきたASCENT20LE試聴記 その2

ビートルズは、 小生が子供のころから、 リアルタイムで接してきたアーティストです。 今

記事を読む

QUADRAL RHODIUM200 試聴記 その1

QUADRAL RHODIUM200が到着、 試聴を始めました。 試聴会であちこち回って

記事を読む

AURUM RODAN9試聴記6

今回のRODAN9の試聴は、アナログ盤でレポートしようと思います。 アナログディスクも録音年代を問

記事を読む

AURUM RODAN9試聴記2

設置が終わったAURUM RODAN9についてレポートと思いますが、AURUM9シリーズの特徴につい

記事を読む

帰ってきたASCENT20LE試聴記 その4

小生が最近はまっていることは、 30~40数年前のカセットテープに録音した音源の復活です。

記事を読む

QUADRAL GALAN 9 試聴記 その2

エルネスト・アンセルメとスイス・ロマンド管弦楽団は、 DECCAの黄金コンビでした。 D

記事を読む

2017年5月7日、ポタフェスに出品しました

大阪で「ポタフェス」が開催、 弊社もORB様のブースでQUADRAL RODAN 9を展示、た

記事を読む

QUADRAL AURUM SEDAN 9 試聴記その1

今回から、 QUADRALのハイエンド・ブックシェルフ型スピーカー、 AURUM SED

記事を読む

帰ってきたASCENT20LE試聴記 その6

あちこち中古LPを漁って歩いていると、 思いがけず「へー!」と唸るL

オーディオフェスタ・イン・ナゴヤに参加してきました

2月16日・17日、 名古屋で開催された、 オーディオフェ

TOKYO AUDIO BASE2019出展後記 2

26日のTOKYO AUDIOBASE2019のネットワークジャパンの

TOKYO AUDIO BASE2019出展後記 1

先週25日、26日東京 御茶ノ水の「ホテルマイステイズ御茶ノ水」にて開

帰ってきたASCENT20LE試聴記 その5

小生は多くの音楽ファンと話をする機会がありますが、 高名な割

→もっと見る

  • 住所
    〒559-0031123
    大阪府大阪市住之江区南港東1-2-16
    ネットワークジャパン株式会社


PAGE TOP ↑