*

TGTS01 試聴記 その2

公開日: : 最終更新日:2020/08/26 試聴記, CLASSIC, SOUND MAGIC


4mm+4mm厚合わせガラスターンテーブルシートの、
試聴記を始めます。

色々なLPを聞いてゆく中で、
「名盤」と言われながら、
そのLPの音に、
頭に?が浮かぶことがよくあります。
プレーヤーの調整不足だった、
ということもあり得ますが、
その、気になるレコードから取り上げます。


まず、オイゲン・ヨッフム指揮
シュターツカペレ・ドレスデン
ブルックナー:交響曲第8番のEMI国内盤LP。
定盤のはずが、
CDではさらにひどい音になりましたが、
国内盤LPもなんだかモヤっとしていて、
なかなかその演奏の真価を聞くことができませんでした。
東独ETERNA盤の音はまた違うそうですが、
残念ながら未聴です。
今回、4mm+4mm厚の合わせガラスターンテーブルシートで、
さらにイコライジングカーブをAESにしてみました。
EMIだから、RIAAカーブかColumbiaカーブかと思ったら、
少し違うようです。
このカーブが本当に合っているかどうは別問題、
大切なのは、自分のシステムでどう聞こえるか?
です。
今まで、少しモヤっとしていた音が、
明瞭な音になり、左右バランスもよくなるようです。
ヨッフムのブルックナーは、
情熱型のブルックナーで、
熱を持って楽曲を追い込んでゆきます。
最近の同曲の演奏とは少し異なります。
聞き直すと、
今となっては異色ともいえる演奏録音です。


次に、
同じEMIのクラウス・テンシュテット指揮
ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団
マーラー:交響曲第5番の国内盤LP。
オリジナルのイギリス盤やドイツ・プレスも聞いてみたいですが、
輸入の中古盤はなかなか高価で、
昔買った国内盤で我慢(^^;。
最初トランペットで静かに始まり、
一気に盛り上がりますが、
グランカッサを交えた強奏で音が歪みます。
そのトゥッティでの音の歪みは楽曲が進んでも同じように歪んでしまい、
聞いていて少しストレスが溜まります。
イコライジングカーブをRCAにしてみます。
え?RCAとEMIはライヴァルなんじゃ?
ということは無視して、
一番聞きやすいカーブにしてみます(^^)。
トゥッティでの音の歪みは完全には払拭できませんが、
それでも、普通のRIAAカーブや、
EMIに割と多いClumbiaカーブよりも随分と聞きやすい...。
さらに、RIAAカーブでは左寄りに聞こえていた音像が多少解消されます。
テンシュテットによるマーラー:交響曲第5番は、
ライヴを含めて数種類の演奏録音が残っていますが、
このセッション録音でも、
テンシュテットは見事に聞き手をマーラーに没入させてくれます。


今回最後は、
アリシア・デ・ラローチャのピアノで、
「スペイン音楽リサイタル」と題されたアルバム。
DECCA...日本ではLONDONの国内盤LPです。
ラローチャはスペインの作曲家によるピアノ曲を数多く録音していますが、
その中からいろいろ集めたオムニバスアルバムです。
ffrrカーブで聞いてみました。
RIAAカーブで聞くよりも、
ピアノのボディがより適切に聞こえてきます。
有名な旋律も多く、
これはもう1曲目から、
何も言うことがないくらいに、
天国的な気分を味わえました。
4mm+4mm厚のガラスの徹底した安定度はさすがで、
レコードの最後まで、
そのクオリティが持続するのは素晴らしいです。
お陰で、A面が終わった...
ということに気が付かなかったほどです。
フルマニュアルのプレーヤーを使っていますので、
こういう時はセミオートがありがたいですね(^^;。

4mm+4mm厚合わせガラスターンテーブルシートの魅力は、
その安定度にあります。
プラッターとレコードの間に挟まるわけですが、
ガラス臭さが全くなく、
解像度が非常に良くなって聞えます。
特に小生の古いTORIO KP-7700はアルミダイキャストのプラッターですので、
その効果の高さが倍加されるようで、
正に「ガラスの驚異」といっていいほどです。
KP-7700付属のターンテーブルシートも独特の工夫がしてあり優秀ですが、
経年変化はありますし、
実際に4mm+4mm厚合わせガラスターンテーブルシートに変えてみて
「驚いた」、
というのが素直な感想です。
ダイキャストプラッターのプレーヤーを使っているレコードファンにとって、
福音となるアイテムです。

どういうシステムで聞いているかはTGTS01 試聴記 その1に。
商品の紹介はこちら

kna_baka@syuzo

関連記事

TGTS01 試聴記 その5

【TGTS01は8月発売予定です。小生が試聴に使っているのは試作品です】 愛用のレコードプ

記事を読む

TGTS01 試聴記 その4

カートリッジを、 ortofon MC-20mk2から、 DENON DL-103Rに変えて

記事を読む

TGTS01 試聴記 その3

LP時代、 プリアンプやプリメインアンプのほとんどには、 トーンコントロールが付いていま

記事を読む

オーディオラックSOUNDMAGIC XU03FSⅡ導入記9(番外編)

XU03FSⅡ導入記の番外編です。 最近出会った、CDについてご紹介します。 anr

記事を読む

オーディオラックSOUNDMAGIC XU03FSⅡ導入記3(音質評価編)

お気に入りのDISCをジャンルごとにCDプレーヤー、アナログプレーヤーにて聴いてみました。 D

記事を読む

TGTS01 試聴記 その9

TGTS01は8月21日から発送可能です。 小生が試聴に使っているのは試作品です。 発送前の

記事を読む

TGTS01 試聴記 その14

小生が試聴に使っているのは試作品です。 製品版TGTS01も試聴しましたが、試作品よりもずいぶ

記事を読む

TGTS01 試聴記 その10

小生が試聴に使っているのは試作品です。 発送前のTGTS01も試聴しましたが、試作品よりもずい

記事を読む

TGTS01 試聴記 その7

TGTS01試聴記を毎週書いていますが、 サンプルで聞いた人によると賛否両論だそうです。

記事を読む

TGTS01 試聴記 その1

アナログプレーヤーを弄んでいると、 色々な発見があります。 一番大きな発見は、 あれ~

記事を読む

TGTS01 番外編

小生が試聴に使っているのは試作品です。 製品版TGTS01も試聴

2020/11/15 AudioRenaissanceOnline

しばらく忙しい時期が続き、 ブログの間が空いてしましました。

TGTS01 試聴記 その14

小生が試聴に使っているのは試作品です。 製品版TGTS01も試聴

TGTS01 試聴記 その13

小生が試聴に使っているのは試作品です。 製品版TGTS01も試聴

TGTS01 試聴記 その12

小生が試聴に使っているのは試作品です。 製品版TGTS01も試聴

→もっと見る

  • 住所
    〒557-0045
    大阪府大阪市西成区玉出西2-16-3
    ネットワークジャパン株式会社


PAGE TOP ↑