*

QUADRAL SIGNUM20 試聴記その3

公開日: : SIGNUM, 試聴記, CLASSIC, QUADRAL


このところLPを聞くことが多くなってしまった小生ですが、
CDでの優秀録音を一つ思い出しました。


パスカル・アモワイエルのピアノ、エマニュエル・ベルトランのチェロでの、
ショパン:「1846年、ノアンでの最後の年」と題されたアルバムです。
アモワイエルはジョルジュ・シフラの弟子ですが、
シフラとはかなり異なり、
インティメートなピアノを聞かせてくれます。
コンプリートではありませんが、
小生、けっこうアモワイエルの録音を追いかけたりしています。
「1846年、ノアンでの最後の年」は、
Harmonia Mundiの2014年の録音です。

舟歌、マズルカ、夜想曲、ワルツなどのピアノ曲と、
チェロ・ソナタが収録されています。
ショパンはジョルジュ・サンドと愛人関係にありましたが、
別れる前年の1846年の夏、
保養地ノアンにあるジョルジュ・サンドの別荘に滞在、
その時に作曲された作品を集めてあります。
ベルリンのテルデック・スタジオで録音されたとありますが、
これが素晴らしい録音で、
初めて聞いた時に驚いたことを思い出しました。
SIGNUM20のリングラジエーター、
Ricom Σという新しいテクノロジーのツィ-ターの能力が素晴らしく、
またウーファーとのつながりが良いためか、
非常に粒立ちの良いきれいな音で、
このインティメートな作品群、
アモワイエルのピアノを楽しめます。
ベルトランとのチェロソナタも、
トールボーイ・スピーカーほどではないにしても、
深みのあるチェロの音が聞け、
一般のリスニングルームでは充分ではないか...
と、思われます。
SIGNUM20の実力はかなり凄いです。
なにより、聞いていて疲れません。
小生のようなクラシックファンは聞く時間がけっこう長いので、
聞き疲れしないことは大切です。
スピーカーの存在を忘れます。

【スペック】
形式:2way バスレフ
負荷許容量:60/90 W
周波数特性:42…32.000 Hz
クロスオーバー周波数:3.200 Hz
出力音圧レベル(dB/1W/1m) :85 dB
インピーダンス:4Ω
ツィーター:RiCom-Sigma
ウーファー:155 mm Titanium-PP
寸法 (HxWxD):30 x 17 x 26 cm
重量:6,54 kg/1台
価格:126,500円(ペア・税込み)

メーカー製品情報はこちら、

https://www.network-jpn.com/signum/

空気録音はこちら
https://youtu.be/BN6GRoTgmaU
https://youtu.be/jM0OBg1sWWE
https://youtu.be/i91eW6K0GYQ

関連記事

QUADRAL RHODIUM200 試聴記 その4 一家に1台パラメトリックイコライザー

今、以前なら考えられなかったことをいろいろ実験中です。 あらいぐま堂のブログと一部内容がダ

記事を読む

QUADRAL AURUM SEDAN 9 試聴記その11

今回、またまたアンプを変えました。 今度は日本の小さなメーカーMUSICAの RAICH

記事を読む

QUADRAL ASCENT20LE 試聴記 その10

今回でASCENT20LE試聴の最後です。 ASCENT20LEを試聴してきて感じるの

記事を読む

AURUM TITAN9を聴く

3月よりダイナミックオーディオ5555 4FにてAURUM TITAN9を展示頂いています。 先日

記事を読む

QUADRAL SIGNUM20 試聴記その1

SIGNUM20試聴記 その1 QUADRALの新しいスピーカー、SIGNUMシリーズ

記事を読む

QUADRAL ASCENT20LE 試聴記 その9

ASCENT20LEの試聴も残り少なくなってきましたが、 今回は声楽を聞いてみました。

記事を読む

オーディセッション大阪2022

2022年11月5と6日、大阪心斎橋ハートンホテルで「オーディオセッション大阪2022」が開催

記事を読む

帰ってきたASCENT20LE試聴記 その3

2013年に85歳で亡くなったコリン・デイヴィスは、 一時期、飛ぶ鳥を落とすような勢いがあ

記事を読む

QUADRAL ASCENT20LE 試聴記 その4

今回は2016年6月録音、 グスタボ・ヒメノ指揮ルクセンブルク・フィルハーモニーの、 ブ

記事を読む

QUADRAL ASCENT20LE 試聴記 その3

今回はLPで、 アンドレ・プレヴィン指揮ピッツバーグ交響楽団の、 エルガーやハーティが編

記事を読む

SONIC IMPACT TGTS01復活試聴記その5

今回はクラシックのオーケストラに戻して、スタンリー・ブラック指揮ロ

オーディセッション大阪2022

2022年11月5と6日、大阪心斎橋ハートンホテルで「オーディオ

SONIC IMPACT TGTS01復活試聴記その4

  小生がTGTS01を使い始めることに、最初は不安がなかった

SONIC IMPACT TGTS01復活試聴記その3

  オーケストラ、ポップスと続きましたので、次はクラシックでピアノ

SONIC IMPACT TGTS01 復活試聴記その2

TGTS01復活試聴記その2は、カーペンターズの"The Sing

→もっと見る

  • 住所
    〒557-0045
    大阪府大阪市西成区玉出西2-16-3
    ネットワークジャパン株式会社


PAGE TOP ↑