*

SONIC IMPACT TGTS01 復活試聴記その1

公開日: : TGTS01, 試聴記

 

では、いよいよTGTS01復活試聴記の開始です。
前回書きました通り、DENON DL-103Rを、
FIDELIX MITCHAKU-Zに装着、
TGTS01の下は47研究所の豚皮シートです。

プレーヤーは、
古いTRIO KP-7700、
今回はSTAXのSIGNETUREでモニターしてみました。
なぜ、TRIO KP-7700などという古いプレーヤーを使っているのかと言うと、
中古が安く入手できたということが一番大きな要因ですが(^^;;;;、
アームの高さ調整が比較的容易であること、
プレーヤーのケーブルが5pinでリケーブルが可能なためです。
実は、他にもセミオートのプレーヤーや新製品プレーヤーも家にあるのですが、
その調整のしやすさ、安定性からKP-7700がメインになってしまいました。
今は純正ケーブルではなくortofonの5pinケーブルを使っています。
ゆくゆくはバランスケーブルかXLRコネクターに変えたいところですが、
昇圧トランスの入力がアンバランスのため、
まだ先の話になりそうです(Phasemationから出ていますね^^;)。
昇圧トランスは古いAUDIO CLAFT TS-20、
フォノイコライザーはBAKOON PRODUCTS CAP-1004を使いました。

今回はアンドレ・クリュイタンス指揮パリ音楽院管弦楽団の、
名盤の誉れ高いラヴェル管弦楽曲集からVol.2、
「ボレロ」「ラ・ヴァルス」「スペイン狂詩曲」が収録されている1枚です。
オリジナルはEMI SAX 2477ですが、
中古盤の値段が非常に高く、金欠の小生には買えません。
そこで、何を探したのかと言うと、東芝EMIがリリースした国内初期盤、
AA 7347です。なんと東芝赤盤です(^^;。
実は、SAX 2477が買えないため、
フランス盤や国内盤の再発もCDを含めて何枚か買ってみたのですが、
「う~ん、もう少し」という状態が続きました。
運よくAA 7347を入手、国内盤は人気がないのか非常に安価でした。
ところが...
TGTS01以下、上記のラインナップで聞いてぶっ飛びましまた。
こりゃ凄い!
管弦楽の細かなニュアンスまで再現してくれます。
イコライジングカーブはEMIの古い録音によくあるColumbiaではなくRIAAです。
最初の「ボレロ」、「スペイン狂詩曲」、「ラ・ヴァルス」まで、
ほんの少しピチパチノイズはありますが、
ほぼストレスなくA面B面とも最後まで聞いてしまいました。
クリュイタンス盤は、たまに中庸...という感想を見かけるのですが、
全然そういうことはなく、クリュイタンスのラヴェルにかける想いと言うか、
熱量がものすごい演奏録音であることに気づかされました。
もの凄いテンションです。
恐るべしTGTS01です。

商品紹介はこちら。
https://www.network-jpn.com/sonicimpact-tgts01/

Syuzo@kna_baka

 

関連記事

QUADRAL ASCENT20LE 試聴記その2

ASCENT20LEが我が家にやってきて、 試聴を開始したのですが、 最初は置き方が悪か

記事を読む

QUADRAL RHODIUM200 試聴記 その4 一家に1台パラメトリックイコライザー

今、以前なら考えられなかったことをいろいろ実験中です。 あらいぐま堂のブログと一部内容がダ

記事を読む

QUADRAL SIGNUM20 試聴記その2

家は現在CDでも、RIAA反転コンバータを使い、イコライジングカーブ可変式フォノイコライザーで、

記事を読む

QUADRAL RHODIUM200 試聴記 その3

小生は室内楽を聞くことも多いので、 まず、 今はなきCALIOPEレーベルの、 ヨ

記事を読む

QUADRAL ASCENT20LE 試聴記 その9

ASCENT20LEの試聴も残り少なくなってきましたが、 今回は声楽を聞いてみました。

記事を読む

QUADRAL RHODIUM200 試聴記 その2

毎度おなじみ、試聴には必ず使う、 ハンス・クナッパーツブッシュとウィーン・フィルによる

記事を読む

AURUM RODAN9試聴記3

延べ120時間のエージングを終え、AURUM RODAN9のエージングチェックをしてみました。

記事を読む

QUADRAL GALAN 9 試聴記 その7

GALAN 9の試聴、 少し趣向を変えてLPを聞いてみました。 フルトヴェングラーのSP

記事を読む

AURUM RODAN9試聴記9 スピーカーケーブル交換編2

REALCABLEのスピーカーケーブル CHAMBORD HPのエージングも終わり、いよいよ試聴のレ

記事を読む

QUADRAL GALAN 9 試聴記 その8

アメリカのレーベルMercuryはEverestとともに、 優秀録音で有名です。 小生宅

記事を読む

SONIC IMPACT TGTS01復活試聴記その5

今回はクラシックのオーケストラに戻して、スタンリー・ブラック指揮ロ

オーディセッション大阪2022

2022年11月5と6日、大阪心斎橋ハートンホテルで「オーディオ

SONIC IMPACT TGTS01復活試聴記その4

  小生がTGTS01を使い始めることに、最初は不安がなかった

SONIC IMPACT TGTS01復活試聴記その3

  オーケストラ、ポップスと続きましたので、次はクラシックでピアノ

SONIC IMPACT TGTS01 復活試聴記その2

TGTS01復活試聴記その2は、カーペンターズの"The Sing

→もっと見る

  • 住所
    〒557-0045
    大阪府大阪市西成区玉出西2-16-3
    ネットワークジャパン株式会社


PAGE TOP ↑