*

QUADRAL SIGNUM20 試聴記その1

公開日: : SIGNUM, QUADRAL

SIGNUM20試聴記 その1

QUADRALの新しいスピーカー、
SIGNUMシリーズの一番小さなブックシェルフスピーカー、
SIGNUM20が届きました。
SIGNUMシリーズの日本でのラインナップは、
トールボーイ2種類、
ブックシェルフが1種類です。
本家ドイツでもこの新しいスピーカーは人気が高く、
製造が追いつかないくらい売れているそうです。
本当なら家でもトールボーイを試聴してみたいところですが、
置き場所の余裕がなく、
ブックシェルフでの試聴と相成りました。

今回のSIGNUM20はエージングがかなり進んだ状態で家に来ました。
担当者、だいぶ気を遣ってくれたみたいです。
普段使いのスピーカーを外し、
SIGNUM20をセッティング、
大きさの割に、1台6.54kgとやや重めです。
音出しを始めて最初の印象は、
ものすごく静かなスピーカーだな...ということでした。
これはかなり昔、
QUADRALのCROMIUMシリーズという、
日本では残念ながら発売できなかったシリーズのスピーカーとよく似ています。
CROMIUMシリーズのグレードとしては、AURUMの次に位置していました。
この広範囲なスペックの周波数特性で静かなスピーカー...
ということは、実は高域の解像度が期待できます。
雑味が少なく、高域がきれいに出てくるからです。

期待はドンピシャ!
普段使いのスピーカーはやや高域に不満があったため、
スーパーツィーターを併用しているのですが、
SIGNUM20はスーパーツィーターの必要を感じません。
AURUMシリーズのリボンツィーターのような図抜けた解像度はありませんが、
とってもきれいな高域が出てきます。
なんと、今までソナスファーベルなどの、
高級スピーカーのツィーターに使われていた、
リングラジエーターが搭載されています。
特許や製造コストなどの問題で今までこのクラスのスピーカーには、
リングラジエーターは搭載されてきませんでしたが、
QUADRALでは独自にリングラジエーターを開発、
RocomΣ(リコムシグマ)と命名して、
ミドルクラスのスピーカーにも搭載可能になったそうです。

これはコストパフォーマンスが高いぞ!
と期待して試聴機の開始です。

【スペック】
形式:2way バスレフ
負荷許容量:60/90 W
周波数特性:42…32.000 Hz
クロスオーバー周波数:3.200 Hz
出力音圧レベル(dB/1W/1m) :85 dB
インピーダンス:4Ω
ツィーター:RiCom-Sigma
ウーファー:155 mm Titanium-PP
寸法 (HxWxD):30 x 17 x 26 cm
重量:6,54 kg/1台
価格:126,500円(ペア・税込み)

メーカーの商品紹介はこちら
https://www.network-jpn.com/signum/
空気録音もあります。
https://youtu.be/BN6GRoTgmaU
https://youtu.be/jM0OBg1sWWE
https://youtu.be/i91eW6K0GYQ

Syuzo

関連記事

QUADRAL ASCENT20LE 試聴記 その8

夏は涼し気な音楽が聴きたくなってしまいますが、 ここは少し暑いともいえる EMIのオット

記事を読む

QUADRAL ASCENT20LE 試聴記 その3

今回はLPで、 アンドレ・プレヴィン指揮ピッツバーグ交響楽団の、 エルガーやハーティが編

記事を読む

AURUM RODAN9試聴記8 スピーカーケーブル交換編

過去のAURUM RODAN9の試聴記には、REALCABLEの普及価格帯のスピーカーケーブルを使用

記事を読む

QUADRAL ASCENT20LE 試聴記 その1

QUADRAL AURUM GALAN 9から、 ASCENT20LEに乗り換えての試聴開

記事を読む

QUADRAL GALAN 9 試聴記 その10

フランスのCharlin(シャルラン)というレーベルは、 名レコーディングエンジニア、

記事を読む

QUADRAL SIGNUM20 試聴記その3

このところLPを聞くことが多くなってしまった小生ですが、CDでの優秀録音を一つ思い出しました。 パ

記事を読む

ARGENTUM520 試聴記その4

ARGENTUM520は入庫数が少ないため、NWJ-STOREを中心にした販売です。 今回はLP

記事を読む

QUADRAL ASCENT20LE 試聴記 その5

世に一度出たきりで、 その後廃盤になってしまうCDが少なくありませんが、 廃盤になって、

記事を読む

QUADRAL SIGNUM20 試聴記その2

家は現在CDでも、RIAA反転コンバータを使い、イコライジングカーブ可変式フォノイコライザーで、

記事を読む

QUADRAL GALAN 9 試聴記 その2

エルネスト・アンセルメとスイス・ロマンド管弦楽団は、 DECCAの黄金コンビでした。 D

記事を読む

SONIC IMPACT TGTS01復活試聴記その5

今回はクラシックのオーケストラに戻して、スタンリー・ブラック指揮ロ

オーディセッション大阪2022

2022年11月5と6日、大阪心斎橋ハートンホテルで「オーディオ

SONIC IMPACT TGTS01復活試聴記その4

  小生がTGTS01を使い始めることに、最初は不安がなかった

SONIC IMPACT TGTS01復活試聴記その3

  オーケストラ、ポップスと続きましたので、次はクラシックでピアノ

SONIC IMPACT TGTS01 復活試聴記その2

TGTS01復活試聴記その2は、カーペンターズの"The Sing

→もっと見る

  • 住所
    〒557-0045
    大阪府大阪市西成区玉出西2-16-3
    ネットワークジャパン株式会社


PAGE TOP ↑