*

TGTS01 試聴記 その12

公開日: : 試聴記, CLASSIC, SOUND MAGIC


小生が試聴に使っているのは試作品です。
製品版TGTS01も試聴しましたが、試作品よりもずいぶんといいですね(^^)。
なお、TGTS01はSONIC IMPACTというブランド名での発売です。


エルネスト・アンセルメ指揮
スイス・ロマンド管弦楽団
リムスキー=コルサコフ:「シェエラザード」

国内盤です。
アンセルメには2種類の「シェエラザード」のセッション録音があります。
一つはパリ音楽院管弦楽団、
もう一つは、
アンセルメのオーケストラであったスイス・ロマンド管弦楽団の録音です。
今回は、そのスイス・ロマンド管弦楽団とのセッション録音。
小生の中古盤は、
白ラベルに「見本盤」「非売品」と印刷してあり、
評論家やレコード屋さんに送られたものが、
中古盤屋さんに流れたもののようです。
小生、レコードを検盤せずに投げ売りを買いましたので、
そのことに気が付きませんでした。
中古盤屋さんによっては、「試聴盤」「見本盤」は扱わない、
というポリシーのお店もあります。
家に来た当初は洗浄不足で、
あまり状態は良くありませんでしたが、
しつこく洗浄、ノイズはほぼなくなりました。
傷もなく、良い買い物でした。
こうなると、「新品同様」ですね。
うれしい(^^)。
ffrrカーブかな?と思って聞き始めましたが、
少し異なります。
RIAAカーブで普通の音なのですが、
パラメトリックイコライザーを使ったNew Orthophonicもどきで音が激変、
もの凄く深い音で、
録音場所となったビクトリア・ホールの残響までもがしっかりと聞き取れます。
また、木造建築のホールの中で、
客席に聴衆がいない孤独感というか、
その寂寥感までもが、まざまざと聞き取れます。
これ、夜中に録った録音ではないだろうか...などと想像してしまいます。
独特の響きですね。
TGTS01のメリットは、
何回も書いている通り、
その解像度の高さとリニアリティです。
DECCAのアンセルメの録音には優秀録音が多いと言われていますが、
そのことが如実に分かるという結果でした。
「シェエラザード」も素晴らしいですが、
フィルアップされている、
ボロディン:「イーゴリ公」より「ダッタン人の踊りと合唱」の素晴らしさには、
素直に脱帽です。


オットー・クレンペラー指揮
フィルハーモニア管弦楽団
ワーグナー:管弦楽曲集

CD初期の頃、勇んで買ったCDに、
クレンペラーのワーグナー:管弦楽曲集がありました。
なぜ勇んで買ったのかというと、
国内盤LPでは強奏で音が歪み、
待っていたCDがリリースされ、
CDだったら大丈夫だろう...
と考えたからです。
ところが、CDでも同じように音が歪み、
後のart盤(アビー・ロード・テクノロジー盤)も買いましたが、
あれ~...これもか...という結果でした。
クレンペラーの同録音はきっとマスターテープから音が歪んでいるんだ、
とあきらめていました。
演奏は素晴らしいのに....。
数年前、
オーディオのイベントで名古屋に行った折、
その会場内に名古屋の中古盤屋さんが店開きしていました。
そこで見つけたのが、
同じ録音のドイツ・プレスのElectrola2枚組LPです。
ダメもとで買って大正解でした。
最初は、少し歪むかな?という個所もありましたが、
あまり気になりませんでした。
そこで今回、TGTS01とNew Orthophonicもどきで聞いてみると...、
げげっ!音が全然歪まない(^^)。
そして、ものすごい迫力!
プレーヤーの調整が、
以前はいかにいい加減だったのかという反省をしながら、
TGTS01のリニアリティ、
New Orthophonicもどきのもたらすぴったりフォーカス感に、
最初の「リエンチ」序曲から聞き惚れてしまいました。
クレンペラーは元々オペラ指揮者です。
ワーグナーは隅々まで知っている指揮者といっていいかも知れません。
その、即物的なのに圧倒的に大きなスケール感、
ぶっきらぼうなのに、
楽曲に聞き手を引きずり込んでしまう有無を言わせない音楽に、
ただただ、圧倒されっぱなしでした。
我がクナッパーツブッシュのワーグナーとは異なりますが、
クレンペラーのワーグナーもまた、説得力に溢れた演奏録音でした。
凄い!

どういうシステムで聞いているかはTGTS01 試聴記 その1に。
商品の紹介はこちら
kna_baka_syuzo

関連記事

TGTS01 試聴記 その1

アナログプレーヤーを弄んでいると、 色々な発見があります。 一番大きな発見は、 あれ~

記事を読む

オーディオラックSOUNDMAGIC XU03FSⅡ導入記3(音質評価編)

お気に入りのDISCをジャンルごとにCDプレーヤー、アナログプレーヤーにて聴いてみました。 D

記事を読む

TGTS01 試聴記 その7

TGTS01試聴記を毎週書いていますが、 サンプルで聞いた人によると賛否両論だそうです。

記事を読む

オーディオラックSOUNDMAGIC XU03FSⅡ導入記7(音質評価編)

今回はワールドミュージック及びサウンドトラック盤を聴いてみました。  

記事を読む

オーディオラックSOUNDMAGIC XU03FSⅡ導入記6(音質評価編)

防弾ガラス製法オーディオラックXU03FSⅡで、CLASSICを聴いてみました。 ■C

記事を読む

TGTS01 番外編

小生が試聴に使っているのは試作品です。 製品版TGTS01も試聴しましたが、試作品よりもずいぶ

記事を読む

TGTS01 試聴記 その10

小生が試聴に使っているのは試作品です。 発送前のTGTS01も試聴しましたが、試作品よりもずい

記事を読む

オーディオラックSOUNDMAGIC XU03FSⅡ導入記2(組立設置編)

XU03FSⅡの支柱一式 このクローム仕上げの支柱、無垢素材で見た目にも重量的にもシッ

記事を読む

TGTS01 試聴記 その11

小生が試聴に使っているのは試作品です。 製品版TGTS01も試聴しましたが、試作品よりもずいぶ

記事を読む

TGTS01 試聴記 その14

小生が試聴に使っているのは試作品です。 製品版TGTS01も試聴しましたが、試作品よりもずいぶ

記事を読む

TGTS01 番外編

小生が試聴に使っているのは試作品です。 製品版TGTS01も試聴

2020/11/15 AudioRenaissanceOnline

しばらく忙しい時期が続き、 ブログの間が空いてしましました。

TGTS01 試聴記 その14

小生が試聴に使っているのは試作品です。 製品版TGTS01も試聴

TGTS01 試聴記 その13

小生が試聴に使っているのは試作品です。 製品版TGTS01も試聴

TGTS01 試聴記 その12

小生が試聴に使っているのは試作品です。 製品版TGTS01も試聴

→もっと見る

  • 住所
    〒557-0045
    大阪府大阪市西成区玉出西2-16-3
    ネットワークジャパン株式会社


PAGE TOP ↑