*

QUADRAL ASCENT20LE 試聴記 その4

公開日: : 試聴記, CLASSIC, QUADRAL, ASCENT20LE

今回は2016年6月録音、
グスタボ・ヒメノ指揮ルクセンブルク・フィルハーモニーの、
ブルックナー/交響曲第1番(ウィーン稿)を、
ASCENT20LEで試聴しました。
ヒメノはスペイン出身の、
録音では新人ともいえる指揮者で、
まだ知名度はそれほどではありません。

今回のブルックナー/交響曲第1番はSACDハイブリッドです。
店長はいまだにSACDプレーヤーを持っていない...
という前時代人ですので(^^;、
SACDであっても、通常のCDフォーマットでの試聴です。

ブルックナー/交響曲第1番は、
凡庸な指揮で聞くと、
あまり面白い楽曲とは言えないのですが、
楽曲をうまく料理してくれる指揮者で聞くと、
ブルックナーの魅力の原点が詰まっている、
非常に面白い音楽に聞こえるから不思議です。
たぶん、交響曲全集に発展させようとする録音では、
中期から後期の交響曲に力が入ってしまい、
第1番は「おまけ」的な意味合いで録音されてしまうからかもしれません。
また、ブルックナーの初期交響曲は、
それほど劇的な効果が大きいということはありませんので、
なおさらそのことが言えるのかもしれません。
ヒメノが使用したウィーン稿ではかなり改善されているとはいえ、
スコアを見ても、
「これが本当に効果的な交響曲として響くんだろうか?」
と危惧してしまうほどです。

その点、
ヒメノは自身のフルオーケストラの録音デビューともいえる新録音に、
ショスタコーヴィチ/交響曲第1番と、
この、ブルックナー/交響曲第1番を選択したということに、
大きな気概のようなものが感じられます。
ヒメノにはこの前、
チェロの伴奏録音と、
マーラー/交響曲第9番の室内オーケストラによる録音があります。

ブルックナー/交響曲第1番を初めて聞いた時、
その瑞々しい演奏と、
CDレイヤーながら録音された音に、
思わず嬉しくなってしまいました。
ASCENT20LEという小型ブックシェルフでも、
左右にオーケストラの音が自然にが拡がり、
また、大型のフロア型スピーカーとまでは行きませんが、
上下の音像も感じられます。
なにより、マスタリングされた音が極めて自然で、
2チャンネルながら、
柔らかで豊かな、
録音会場にいるような音の広がりを体験することができます。

演奏も優れているため、
第1楽章から目の前が開けてゆくようで、
ブルックナーとしては他の交響曲よりも小振りながら、
充実したスケール感があります。
第2楽章「アダージョ」も美しいですが、
第3楽章「スケルツォ」は、
ブルックナーの初期作品ではあっても、
その楽しさ、美しさをASECNT20LEで十分聞き取ることができます。
このCDには、交響曲第1番の他にも、
行進曲ニ短調と3つの小品という、ブルックナー初期の楽曲が含まれています。
これが意外と楽しく、ブルックナーの別の面が聞けます。

これだけしっかりとした音で聞けると、
ヒメノの他の録音も気になりますね。
次はラヴェルだそうです(^^)。


ASCENT20LE
【スペック】
ASCENT 20LE (アセント20LE)
型式:2ウェイ
基本デザイン:バスレフ型入力:定格60W/最大90W周波数特性(Hz):40~46,000Hz
クロスオーバー周波数(Hz):2.700Hz
能率(dB/1W/1m):86dB
インピーダンス(Ω):4~8Ω
ユニット構成:Tweeter φ25mmAluドーム型トゥイーター
Woofer φ135mm Titanium-PP
サイズ:H30.9cm×W17.7cm×D27.0cm
重量(kg)1台:5.15kg
ターミナル:ゴールドコンタクト シングル・ターミナル
価格:ペア 138,000円(税別)
仕上げ:マットブラック

kna_baka_syuzo

関連記事

QUADRAL AURUM SEDAN 9 試聴記その10

カラヤンが亡くなって既に28年が経つのですね。 小生の子供のころから、 おじさんになって

記事を読む

QUADRAL AURUM SEDAN 9 試聴記その13

シベリウスは、 交響詩「フィンランディア」、 交響曲第2番、 ヴァイオリン協奏曲がやた

記事を読む

QUADRAL GALAN 9 試聴記 その5

クナッパーツブッシュの試聴が続きます。 小生の聞く音楽の本丸ですのでご容赦を(^^;。

記事を読む

TOKYO AUDIO BASE2019出展後記 2

26日のTOKYO AUDIOBASE2019のネットワークジャパンのブースには、先週に新譜をリリー

記事を読む

2017年5月7日、ポタフェスに出品しました

大阪で「ポタフェス」が開催、 弊社もORB様のブースでQUADRAL RODAN 9を展示、た

記事を読む

QUADRAL RHODIUM200 試聴記 その4 一家に1台パラメトリックイコライザー

今、以前なら考えられなかったことをいろいろ実験中です。 あらいぐま堂のブログと一部内容がダ

記事を読む

QUADRAL AURUM SEDAN 9 試聴記その6

今回もクナッパーツブッシュの録音、 DECCAのウィーン・フィルとの「ポピュラーコンサート

記事を読む

QUADRAL ASCENT20LE 試聴記 その10

今回でASCENT20LE試聴の最後です。 ASCENT20LEを試聴してきて感じるの

記事を読む

QUADRAL AURUM SEDAN 9 試聴記その8

今回は日本での録音を2つ。 2つともあまり一般的なCDではなく、 ひとつは自主制作盤、 も

記事を読む

AURUM RODAN9試聴記7

AURUM RODAN9の試聴は、Classicのアナログのダイレクトカッティング盤、3枚をチョイス

記事を読む

TGTS01 番外編

小生が試聴に使っているのは試作品です。 製品版TGTS01も試聴

2020/11/15 AudioRenaissanceOnline

しばらく忙しい時期が続き、 ブログの間が空いてしましました。

TGTS01 試聴記 その14

小生が試聴に使っているのは試作品です。 製品版TGTS01も試聴

TGTS01 試聴記 その13

小生が試聴に使っているのは試作品です。 製品版TGTS01も試聴

TGTS01 試聴記 その12

小生が試聴に使っているのは試作品です。 製品版TGTS01も試聴

→もっと見る

  • 住所
    〒557-0045
    大阪府大阪市西成区玉出西2-16-3
    ネットワークジャパン株式会社


PAGE TOP ↑