*

AURUM RODAN9試聴記8 アンセルメ「三角帽子」比較試聴

公開日: : 試聴記, CLASSIC, QUADRAL, RODAN9

先日の日本ハンス・クナッパーツブッシュ研究会への協賛の際、ある会員の方のご自宅にお招きいただき、50年、60年代の貴重なアナログモノラル盤、初期ステレオ盤を数多く聴かせて頂いただきました。
その際、所望して聴かせて頂いた59年のアンセルメ指揮、スイス・ロマンド管弦楽団の「三角帽子」に圧倒されてしまいました。わざわざ私の為にご用意くださったとの事で聴かせていただいたのは、69年の国内盤でしたが拙宅の71年の国内盤とは明らかな違いがありました。
帰り際に玄関先で会員の方から「良かったら、お持ちになってください」とポンと手渡され、「お借りします」とご自宅を後にしました。後日お返ししようとご連絡したところ、「差し上げます」とのお話。
嬉しくて舞い上がってしまいました。

左が頂いた69年国内盤「SLC-1705」、右が拙宅の71年国内盤「SLC-1959」

 

左が69年国内盤レーベル、右が71年国内盤レーベル
69年国内盤のスタンパーは、「ZAL–5138-3E」とあります。

このスタンパー番号は、頂いた会員の方の情報で国内初出の62年盤と同じだという事が判り、UKのLONDONオリジナル盤も同じ番号のようです。
69年国内盤「SLC-1705」の盤については、71年国内盤「SLC-1959」に比べ厚みと重みがあり、レーベルの写真でも判るようにカッティングレベルも高く音の違いが、盤の違いからも窺えます。

 

因みにこれが国内初出の「SLC-1138」です。ジャケットの変遷も妙味ですね。

 

さて、AURUM RODAN9で聴いた69年国内盤「SLC-1705」の音は、やはり拙宅の盤とは、違いました。
まず管楽器の厚みに圧倒され、パーカッションの粒立ちが非常にクリアに出ています。
一番驚いたのが、ベルガンサの声の奥行が拡大し、打楽器の基音部分と皮のニュアンスが良く出ています。
拙宅の盤との比較を端的に言うと、鮮度と解像度が格段に高いという結果でした。

改めて会員の方のご厚意に感謝したいと思います。そして拙宅の71年度盤が3軍に降格し、頂いた69年国内盤「SLC-1705」が拙宅の1軍入りレギュラーメンバーになったことをご報告します。

TUNTUN

 

 

関連記事

QUADRAL AURUM SEDAN 9 試聴記その14

今回から、 アンプをMUSICA RAICHO 3 intから、 修理から戻ってきたLU

記事を読む

AURUM RODAN9試聴記4

AURUM RODAN9でヴァイオリンのディスクを聴いてみました。 今回は、3つのフォーマットのデ

記事を読む

QUADRAL AURUM SEDAN 9 試聴記その2

前回、スピーカーのセンター位置の割り出しに、 「モノラル音源が楽」と書いたのですが、 考

記事を読む

QUADRAL GALAN 9 試聴記 その1

QUADRAL AURUMシリーズの一番小さなスピーカー、 GALAN 9を自宅で試聴する

記事を読む

QUADRAL AURUM SEDAN 9 試聴記その7

SEDAN 9は古楽器の演奏録音にもいいのでは? ということで、ロンドン・バロックの

記事を読む

QUADRAL AURUM SEDAN 9 試聴記その10

カラヤンが亡くなって既に28年が経つのですね。 小生の子供のころから、 おじさんになって

記事を読む

QUADRAL GALAN 9 試聴記 その14

GALAN 9の試聴の最後、 たまにはクラシック以外にと試聴に選んだのは、 アール・クル

記事を読む

2017年5月7日、ポタフェスに出品しました

大阪で「ポタフェス」が開催、 弊社もORB様のブースでQUADRAL RODAN 9を展示、た

記事を読む

QUADRAL AURUM SEDAN 9 試聴記その15

今回はギュンター・ヴァント指揮 NDR交響楽団(北ドイツ放送交響楽団)の、 セッ

記事を読む

取材を取材

就職情報会社の方が、取材に来られました。 社長へのインタビュー、各部署責任者へのインタビューを

記事を読む

帰ってきたASCENT20LE試聴記 その6

あちこち中古LPを漁って歩いていると、 思いがけず「へー!」と唸るL

オーディオフェスタ・イン・ナゴヤに参加してきました

2月16日・17日、 名古屋で開催された、 オーディオフェ

TOKYO AUDIO BASE2019出展後記 2

26日のTOKYO AUDIOBASE2019のネットワークジャパンの

TOKYO AUDIO BASE2019出展後記 1

先週25日、26日東京 御茶ノ水の「ホテルマイステイズ御茶ノ水」にて開

帰ってきたASCENT20LE試聴記 その5

小生は多くの音楽ファンと話をする機会がありますが、 高名な割

→もっと見る

  • 住所
    〒559-0031123
    大阪府大阪市住之江区南港東1-2-16
    ネットワークジャパン株式会社


PAGE TOP ↑