*

QUADRAL GALAN 9 試聴記 その10

公開日: : 最終更新日:2017/06/10 試聴記, CLASSIC, QUADRAL, GALAN 9

フランスのCharlin(シャルラン)というレーベルは、
名レコーディングエンジニア、
アンドレ・シャルランのレーベルです。
シャルランはワンポイントステレオ録音の独特な音で、
LP時代、ファンが多かったレーベルでした。
「シャルランのLPなら何でも買う」
という人も少なからずいました。
実は小生もそうでした(^^;。
国内盤では飽き足らず、フランス盤も漁ったものでした。
日本にはあまり馴染みのない作曲家や楽曲が多かったですが...。

シャルランのレコードは、
かなり前、
PALLETTEやVENUSレコードという日本の会社から一部CDで復刻され、
最近では、
ヨーロッパでかなりの復刻があったようです。

そのシャルランのレコードの中に、
ガストン・リテーズという盲目のオルガニストによる、
J.S.バッハ、ディートリヒ・ブクステフーデ、フランソワ・クープラン、
ニコラ・ドゥ・グリニー、ルイ・クロード・ダカンの
オルガン曲を集めたアルバムがあります。
リテーズのオルガン名曲集第1集、第2集あるうちの第1集です。
小生はとっくにLPは手放してしまいましたが、
VENUSが復刻したCDを入手していました。
あのLP、手放さなければよかったと悔やむのですが、
後の祭りですね(- -;。
アナログのワンポイントステレオ録音は、
LPでこそ、その真価を発揮するということもありますので。
それに、高音の出方が少し違うようで...。

まあ、気を取り直してCDを聞きましょう(^^)。
GALAN 9で再生すると、
冒頭のバッハ「トッカータとフーガ ニ短調」から凄いのなんの!
何の音の暴れもなく、
眼前に教会の高い天井に響くオルガンの音が、
上下左右にグワッ!と拡がります。
Fレンジ、Dレンジとも広大な録音で、
さらにワンポイント録音のため、
その音像と録音会場である教会の空気感までが、
2本のスピーカーを飛び越えて定位します。
リテーズはフランスのリールにある、
サン・ピエール サン・ポール寺院のミュラー・オルガンを弾いています。

4曲目に、
比較的静かなブクステフーデのコラール前奏曲
「ああ主よ、貧しき罪人なる我を罰したもうな」
が収録されていますが、
そのペダルの深い音は凄いです。
GALAN 9の兄貴分、RODAN 9では低域が少々出すぎかな?
とも思えたのですが、
GALAN 9ではちょうどよい低域が響きます。

オルガンの録音には、
もっと解像度に優れた録音も数多くありますが、
その場の雰囲気までも伝えてくれる、
ということでは、
オルガンのCDやレコードの中でも、
このシャルラン盤は好きな録音の一つです。
GALAN 9の優れた解像度、
広大な周波数特性、
立体的な音場感を堪能できるアルバムでした。

リテーズのこのアルバムは、
PALLETEやVENUSが廃盤になり、
ヨーロッパ盤で復活したCDでも、
「入手しやすい」とはいえないのかもしれません。
でもショップで検索をかけると出てきますので、
うまくゆけば入手できる可能性があります。
現代のHIFIではありませんが、
非常に雰囲気の豊かな録音を聞くことができます。


【GALAN 9のスペック】
形式:2ウェイ バスレフ
出力:80/140 W
周波数特性:36…65.000 Hz
クロスオーバー周波数:2900 Hz
能率:85 dB
インピーダンス:4Ω
トゥイーター:quadral quSENSE アルミニウム リボン
ウーファー:155mm quadral ALTIMA
寸法(w x h x d):33 x 21 x 29 cm
重量:10 kg/1台

kna_baka_syuzo

関連記事

QUADRAL SIGNUM20 試聴記その3

このところLPを聞くことが多くなってしまった小生ですが、CDでの優秀録音を一つ思い出しました。 パ

記事を読む

帰ってきたASCENT20LE試聴記 その6

あちこち中古LPを漁って歩いていると、 思いがけず「へー!」と唸るLPに行き当たることがちょくちょ

記事を読む

オーディオセッション イン大阪2017 無事終了しました 

オーディオセッションin大阪が無事終了いたしました。 多くの方々に参考出品のAURUM MON

記事を読む

QUADRAL GALAN 9 試聴記 その9

ベルギーの作曲家ウジェーヌ・イザイは、 無伴奏ヴァイオリンソナタがことのほか有名で、 多

記事を読む

ARGENTUM520 試聴記その4

ARGENTUM520は入庫数が少ないため、NWJ-STOREを中心にした販売です。 今回はLP

記事を読む

QUADRAL AURUM SEDAN 9 試聴記その9

アンプをAccuphase E-306Vから、 LUXMAN L-540に変えてみました。

記事を読む

QUADRAL GALAN 9 試聴記 その2

エルネスト・アンセルメとスイス・ロマンド管弦楽団は、 DECCAの黄金コンビでした。 D

記事を読む

QUADRAL RHODIUM200 試聴記 その5

オーディオ機器の試聴会によく使われる音楽に、 リヒャルト・シュトラウスの 「ツァラトゥス

記事を読む

第35回オーディオ・フェスタ・イン・ナゴヤ2018

2018年2月16・17・18日 名古屋で開催される第35回オーディオ・フェスタ・イン・ナゴヤ

記事を読む

QUADRAL AURUM SEDAN 9 試聴記その15

今回はギュンター・ヴァント指揮 NDR交響楽団(北ドイツ放送交響楽団)の、 セッ

記事を読む

SONIC IMPACT TGTS01復活試聴記その5

今回はクラシックのオーケストラに戻して、スタンリー・ブラック指揮ロ

オーディセッション大阪2022

2022年11月5と6日、大阪心斎橋ハートンホテルで「オーディオ

SONIC IMPACT TGTS01復活試聴記その4

  小生がTGTS01を使い始めることに、最初は不安がなかった

SONIC IMPACT TGTS01復活試聴記その3

  オーケストラ、ポップスと続きましたので、次はクラシックでピアノ

SONIC IMPACT TGTS01 復活試聴記その2

TGTS01復活試聴記その2は、カーペンターズの"The Sing

→もっと見る

  • 住所
    〒557-0045
    大阪府大阪市西成区玉出西2-16-3
    ネットワークジャパン株式会社


PAGE TOP ↑