*

REAL CABLE CHAMBORD HP 試聴記 その1

公開日: : REAL CABLE

今までQUADRALの3種類のブックシェルフスピーカーを試聴してきましたが、
今回試聴用に送られてきたのは、
日本発売予定のREAL CABLEのCHAMBORD HPという2mスピーカーケーブルです。
今のところ、ペアで予価120,000円だそうです(@_@)。
凄い!

小生にとって値段も凄いですが、
なんせ太い!
今まで、
こういう太いスピーカーケーブルは使ったことがありません。
しかも硬い。
さらに高級感が漂い、
「さすがにハイエンドのスピーカーケーブルは違うなぁ...」
と驚きました。
家のローコストオーディオに使うのは、
もったいないくらいです。

本来はAccuphaseのアンプから、
初代JBL4312につないで聞きたいところですが、
悲しいかな部屋の構造上の問題でスピーカー間隔が広く、
2mのスピーカーケーブルでは届きません。
仕方なくパソコン部屋のシステムで聞くことにしました。
試聴用にRHODIUM200が届く予定なのですが、
今はまだなく、
友人が作った11cmウーファーとトゥイーターという、
かなり非力なスピーカーでの試聴です。
さらに、
普段使っているLUXMANのアンプが、
ここへきて右チャンネルから音が出ないという、
アクシデントに見舞われました。
ウーン、なかなか厳しい環境です。
そこで仕方なく、
MUSICAという日本の小さなアンプメーカーの、
RAICHO 3というアンプとフォノアンプで聞くことになってしまいました。

CHAMBORD HPを開梱一発、
「うわ、太い!重い!」というのが第一印象です。
オーディオの試聴会などでは、
太くて重いスピーカーケーブルはお馴染みですが、
限られた環境の我が家で使うとなると、
やはりごついですね(^^;。
MUSICAのアンプよりも、
スピーカーケーブルの方が重くてズルズルと引っ張られないか、
スピーカー自体も小さく軽いので、
ケーブルに引っ張られて落っこちるのではないか、
という危惧がありましたが、
その点は大丈夫でした。

CHAMBORD HPにはデフォルトでバナナプラグが付いています。
友人の作ったスピーカーは古いので、
スピーカー端子(ターミナル)の形状のため、
不安があったのでYラグを入れてもらいました。
Yラグを一度は付けてみましたが、
でも、アンプ、スピーカーとも、
めでたくバナナプラグで接続することができました。

で、早速ケーブルのエージングを含めて試聴開始です。
ところが普段使っているケーブルと定点観測しようと選んだソフトに、
大きな問題がありました。
普段使っているアンプ、ケーブルではそれほど違和感のなかった、
ヴァーツラフ・ノイマン指揮チェコ・フィルの
マーラー/交響曲第5番のデジタル録音です。
これを最初に選んだ小生がバカでした。
エージングなんだから別のソフトを選べばよかった...
MUSICA、CHAMBORD HPでは、
一聴、違和感の塊のような音でした。
これはエージングがかなり進んでから聞かないと、きつい...。

そこで今は懐かし、
WINDAM HILLからリリースされたウィリアム・アッカーマンの
アコースティックギターのLPから試聴を始め、
日本のインディーズレーベルからCDで出た、
同じくアコースティックギターアルバムでまず耳を慣らし、
さらにシリア出身のフランソワ・ラバトのベースを聞いてみました。
スタンダード・ジャズのメロディをすべてアルコで弾いたという、
異色のアルバムです。
ベースが信じられないくらいに良く歌います。


フランソワ・ラバトは、
シリアの北部アレッポの出身です。
アレッポはシリア政府軍と反政府勢力の間で、
長い間攻防戦が行われたシリア第2の人口を誇る街でした。
空爆も行われ、
テレビのニュースで、
よく廃墟と化したアレッポの映像が流れました。
ラバト自身は若いころにシリアを離れたようですので、
シリア内戦に巻き込まれたかどうかは分かりませんが、
何だか胸が詰まりますね。

スピーカーは小型ながら、
ラバトのベースが非常によく鳴り、
重い音が堪能できます。
これは試聴会で使えますね(^^)。

何枚かLPとCDを聞くうちに、
CHAMBORD HPは最初のつないだだけの状態からすると、
かなりこなれた音になり、
エージングはまだこれからながら、
徐々に聞きやすくなってきました。
耳も慣れてくるからでしょうか。
エージングを進めたいのはやまやまながら、
実時間の関係で四六時中音を出しているわけにはゆかず、
少しエージングに時間がかかりそうですが、
いろいろレポートをしようと思います。

Syuzo@kna_baka

関連記事

REAL CABLE CHAMBORD HP 試聴記 その3

CHAMBORD HPの試聴が続いていますが、 少しショックを受けました。 大昔にド

記事を読む

REAL CABLE CHAMBORD HP 試聴記 その2

オーディオ機器のエージングを進めていると、 音の傾向が変わったな... と感じる潮時のよ

記事を読む

QUADRAL RHODIUM200 試聴記 余録その2

QUADRAL RHIDIUM200を外し、 元の友人作ブッ

QUADRAL RHODIUM200 試聴記 余録 

QUADRAL RHODIUM200は残念ながら販売終了ですが

QUADRAL RHODIUM200 試聴記 その5

オーディオ機器の試聴会によく使われる音楽に、 リヒャルト・シ

AURUM TITAN9を聴く

3月よりダイナミックオーディオ5555 4FにてAURUM TITAN

QUADRAL RHODIUM200 試聴記 その4 一家に1台パラメトリックイコライザー

今、以前なら考えられなかったことをいろいろ実験中です。 あら

→もっと見る

  • 住所
    〒559-0031123
    大阪府大阪市住之江区南港東1-2-16
    ネットワークジャパン株式会社


PAGE TOP ↑