*

QUADRAL GALAN 9 試聴記 その2

公開日: : 最終更新日:2017/06/10 試聴記, CLASSIC, QUADRAL, GALAN 9

エルネスト・アンセルメとスイス・ロマンド管弦楽団は、
DECCAの黄金コンビでした。
DECCA自体、
スイスのモーリス・ローゼンガルテンが幹部でしたので、
アンセルメとDECCAは非常に結びつきが強かったといえます。
アンセルメとスイス・ロマンド管弦楽団のレコード録音は、
ホームグランドであるジュネーヴのヴィクトリアホールで行われました。

ヴィクトリアホールは、
機材の置き場所や、
ミキシングルームの適当な場所がないなど、
非常に使いにくいホールであったそうですが、
レコーディングには大変適していた、
と、DECCAの看板エンジニア兼プロデューサー
ジョン・カルショーはその回想録に書いています。
アンセルメとスイス・ロマンド管弦楽団の録音は大変音が良く、
DECCAマジックとも言われました。
アンセルメとスイス・ロマンド管弦楽団が1968年に来日した時、
「録音に騙された」という音楽ファンが少なからずいたそうです。

アンセルメがレコード録音に残した遺産は夥しく、
その全貌はなかなか掴めないほどですが、
小生は子供のころからアンセルメのレコードに親しんできました。
今でも、フランス音楽やロシア音楽(ストラヴィンスキーが中心ですが)に、
果たしてアンセルメをしのぐ業績を残した人がいるだろうか?
と、思えるほどです。

試聴用GALAN 9が届いて、
アンセルメの演奏録音でまず聞いてみたのが、
プロコフィエフのヴァイオリン協奏曲です。
ヴァイオリンはルッジェーロ・リッチで、
録音は1958年です。
ルッジェーロ・リッチはイタリア人の名前ですが、
アメリカ生まれ、アメリカ育ちのヴァイオリニストなのですね(^^;。
ただ、ドイツに留学、クーレンカンプの弟子であったそうですので、
ヨーロッパ流の演奏技術も身につけていたようです。

この、ヴァイオリン協奏曲第1番と第2番の録音は、
楽曲、演奏、録音の三拍子が揃った、
大変素晴らしい演奏録音です。
2017年の今、
1958年の古い録音が、
さっき録音したばかりのような生々しさで迫ってきます。
GALAN 9は解像度と周波数特性に非常に優れたスピーカーで、
DECCAの優秀録音を余すところなく聞くことができます。
これだけよい音で聞こえると、
録音技術は本当に進歩したのか?
などと不遜なことが頭に浮かぶほどです。

LP時代は、
1枚ずつ買ったアンセルメのコレクションがあったのですが、
既に手放してしまいましまた。
CDではそれほど多くを買い直していず、
あれこれ、こぼれてしまっているアンセルメの録音が聞きたくなり、
大部なアンセルメ・ボックス3巻を買ってしまいました。
GALAN 9は罪作りなスピーカー、
アンセルメのプロコフィエフも罪作りなCDです(^^;。


【GALAN 9のスペック】
形式:2ウェイ バスレフ
出力:80/140 W
周波数特性:36…65.000 Hz
クロスオーバー周波数:2900 Hz
能率:85 dB
インピーダンス:4Ω
トゥイーター:quadral quSENSE アルミニウム リボン
ウーファー:155mm quadral ALTIMA
寸法(w x h x d):33 x 21 x 29 cm
重量:10 kg/1台

kna_baka_Syuzo

関連記事

QUADRAL RHODIUM200 試聴記 その4 一家に1台パラメトリックイコライザー

今、以前なら考えられなかったことをいろいろ実験中です。 あらいぐま堂のブログと一部内容がダ

記事を読む

QUADRAL GALAN 9 試聴記 その10

フランスのCharlin(シャルラン)というレーベルは、 名レコーディングエンジニア、

記事を読む

TOKYO AUDIO BASE2019出展後記 2

26日のTOKYO AUDIOBASE2019のネットワークジャパンのブースには、先週に新譜をリリー

記事を読む

QUADRAL GALAN 9 試聴記 その6

今回でクナッパーツブッシュの音源試聴はラストです(^^;。 ハンス・クナッパーツブッシ

記事を読む

AURUM TITAN9セッティング中!!

来年発売予定のQUADRALフラグシップモデルAURUM TITAN9の試聴会を 大阪 日本橋

記事を読む

QUADRAL GALAN 9 試聴記 その9

ベルギーの作曲家ウジェーヌ・イザイは、 無伴奏ヴァイオリンソナタがことのほか有名で、 多

記事を読む

QUADRAL ASCENT20LE 試聴記 その7

ラフマニノフ/ピアノ協奏曲第2番もそうでしたが、 チャイコフスキー/ヴァイオリン協奏曲も、

記事を読む

AURUM RODAN9試聴記7

AURUM RODAN9の試聴は、Classicのアナログのダイレクトカッティング盤、3枚をチョイス

記事を読む

QUADRAL ASCENT20LE 試聴記 その3

今回はLPで、 アンドレ・プレヴィン指揮ピッツバーグ交響楽団の、 エルガーやハーティが編

記事を読む

QUADRAL AURUM SEDAN 9 試聴記その7

SEDAN 9は古楽器の演奏録音にもいいのでは? ということで、ロンドン・バロックの

記事を読む

教会で蓄音機を聞く

11月18日、大阪の船場祭りの一環として行われた、 蓄音機コンサ

レコードを洗う

今、試聴機がないため、 随分久しぶりの投稿になってしまいました。

帰ってきたASCENT20LE試聴記 その6

あちこち中古LPを漁って歩いていると、 思いがけず「へー!」と唸るL

オーディオフェスタ・イン・ナゴヤに参加してきました

2月16日・17日、 名古屋で開催された、 オーディオフェ

TOKYO AUDIO BASE2019出展後記 2

26日のTOKYO AUDIOBASE2019のネットワークジャパンの

→もっと見る

  • 住所
    〒559-0031123
    大阪府大阪市住之江区南港東1-2-16
    ネットワークジャパン株式会社


PAGE TOP ↑