*

AURUM RODAN9試聴記6

公開日: : 試聴記, QUADRAL, JAZZ, RODAN9

今回のRODAN9の試聴は、アナログ盤でレポートしようと思います。
アナログディスクも録音年代を問わず高音質なものが数多くありますが、せっかくなので究極の製造過程ともいえるダイレクトカッティング盤を取り上げました。
まず、その製造過程をおさらいします。
大方のダイレクトカッティングの過程は、演奏者⇒マイク⇒ミキシングコンソール⇒カッティングアンプ⇒カッティングヘッド⇒ラッカー盤という流れになり、テープ等の記録媒体を使わずに製造されるところに大きなポイントがあります。
実際の録音現場は、演奏者、エンジニアとも失敗の許されない環境の中、かなりの緊張を強いられるとの事。私もかなりの数のダイレクトカッティング盤を収集していますが、中には、レンジが狭く鮮度を感じないもの、演奏が面白くないものもあり、必ずしも高録音だと限らないとの印象を持っています。音質に関しては、過小な録音レベル、過度のリミッターやカッティングマシーンまで長く引き伸ばされたケーブルの影響もあると思われます。そこで今回は、演奏・録音とも満足できるJAZZ系の3枚をチョイスしました。

 

①「THE THREE」 (EAST WIND 国内盤)
ジョー・サンプル(p)、レイ・ブラウン(b)、シェリー・マン(ds)のピアノトリオ
1976年発売。1975年ロサンジェルス、ワーナー・ブラザース・スタジオにて録音

言わずと知れたダイレクトディスクの名盤です。
EAST WINDレーベルは、これ以降、アートブレイキーやバド・シャンク等を起用したダイレクトカッティング盤をリリースしています。
このアルバムは、JAZZ及びフュージョン界のレジェンドが終結した夢のようなセッションで、演奏録音とも名盤に相応しいと思います。
演奏は総じて、ソウルフルなジョー・サンプル、豪快なレイ・ブラウン、小粋なシェリー・マンがソロでは個性を、時に3人が拮抗しながらプレーする様子が刻まれています。
A面3曲目SATIN DOLLでは、ジョー・サンプルのピアノのアタックが腰砕けにならずに出ています。ドラムのスネアの抜けも良く、ベースは良く弾んでいます。
RODAN9では、厚みが有り鮮度の高い録音を余さず聴かせてくれました。

 

②エド・グラハム「HOT STIX」(M&K REALTIME RECORDS 米盤 西ドイツプレス)
1978年ビバリーヒルズ、M&Kスタジオにて録音
エド・グラハム(ds)、アール・ハインズ(p)、ウェズレイ・ブラウン(b)

M&K REALTIME RECORDSは、ダイレクトカッティング盤を数枚リリースしていますが、どれも高音質と評判で、中には中古市場で高値のついているアルバムもあるほどです。
私も、手元に数枚ありますが、音質的にはデジタル録音のタイトルよりも、ダイレクトカッティングのタイトルの方に分があるように思います。
このアルバムは、45回転ダイレクトカッティング盤となっています。
RODAN9では、エド・グラハムの強靭かつ鮮烈なドラムが聴けました。
おそらくマイクは、ワンポイントに近いセッティングではないかと思われます。まずドラムセットの位置が良く判り、奥行も感じることができます。
誇張感のないバスドラムはもとより等身大のフロアタムやスネアの皮の大きさが良く判ります。RODAN9よりウーファーの口径の大きなスピーカーであれば、このあたりの印象は違って聴こえるのではないかと推測されますが、私はこの音の出かたに少しも違和感がなく好ましく感じられました。

 

③リー・リトナー「ON THE LINE」(JVC 国内盤)
1983年ロサンジェルス、キャピタル・スタジオにて録音
リー・リトナー(g)、デイヴ・グルーシン(key)、ハーヴィ・メイソン(ds)、ネーザン・イースト(b)、アーニー・ワッツ(sax)他

リトナーは、ほぼ同じメンバーでJVCからこのアルバムを含め4枚のダイレクトカッティング盤をリリースしています。このアルバムはその4枚目となります。
レコーディング・チャートがこれです。大方のダイレクトカッティング盤のライナーノーツには、このようなチャートをライナーノーツに添付する例が良く見られます。

演奏は、手慣れたミュージシャンの4回目のダイレクトカッティング録音となり、非常に一体感と良い意味での緊張感のある録音で、スタジオライブのような息の合ったプレイが聴けます。
大変に鮮度が高く、聴感ダイナミックレンジも前出の3枚とは比較になりません。
このアルバムではリトナーは、ギターをギブソンのES-335からアイバニーズLR-10に持ち替えています。そのエフェクタのかかったLR-10のスタジオの空気感を伴ったエコーがRODAN9ではきれいに出ています。グルーシンのキーボードはエッジのきいたクリアな音色で、パーカッションの高音域がリボン型トゥイーターでは倍音がきれいに出ています。
また、電子ドラムのパルシィヴな音にもRODAN9のウーファーは良く反応していて、硬さを伴わないのに緩さや鈍さはみじんも感じ無かったのには驚きでした。

以上のようにJAZZ系で生楽器、電子楽器のソースを試聴しましたが、次回は引き続きアナログのダイレクトカッティング盤でClassic系の試聴レポートをお伝えしようと思います。

TUNTUN

関連記事

QUADRAL AURUM SEDAN 9 試聴記その15

今回はギュンター・ヴァント指揮 NDR交響楽団(北ドイツ放送交響楽団)の、 セッ

記事を読む

QUADRAL ASCENT20LE 試聴記 その10

今回でASCENT20LE試聴の最後です。 ASCENT20LEを試聴してきて感じるの

記事を読む

QUADRAL AURUM SEDAN 9 試聴記その7

SEDAN 9は古楽器の演奏録音にもいいのでは? ということで、ロンドン・バロックの

記事を読む

QUADRALチーフエンジニア来日

先日、ドイツよりQUADRALのチーフエンジニアSascha Reckertがプロモーションの為、来

記事を読む

AURUM RODAN9試聴記8 アンセルメ「三角帽子」比較試聴

先日の日本ハンス・クナッパーツブッシュ研究会への協賛の際、ある会員の方のご自宅にお招きいただき、50

記事を読む

AURUM RODAN9試聴記2

設置が終わったAURUM RODAN9についてレポートと思いますが、AURUM9シリーズの特徴につい

記事を読む

AURUM RODAN9試聴記5

RODAN9の前回の試聴では、アコースティックなソースでの試聴をしました。 ですので、今回は趣を変

記事を読む

QUADRAL GALAN 9 試聴記 その12

今回は弦楽四重奏曲でも、かなり古い録音です。 1937年10月7日に録音された、 ブッシ

記事を読む

QUADRAL AURUM SEDAN 9 試聴記その17

SEDAN 9の試聴記は、 一応これで最後となります。 試聴記の割に長く続けることができ

記事を読む

QUADRAL ASCENT20LE 試聴記 その5

世に一度出たきりで、 その後廃盤になってしまうCDが少なくありませんが、 廃盤になって、

記事を読む

QUADRAL RHODIUM200 試聴記 その5

オーディオ機器の試聴会によく使われる音楽に、 リヒャルト・シ

AURUM TITAN9を聴く

3月よりダイナミックオーディオ5555 4FにてAURUM TITAN

QUADRAL RHODIUM200 試聴記 その4 一家に1台パラメトリックイコライザー

今、以前なら考えられなかったことをいろいろ実験中です。 あら

QUADRAL RHODIUM200 試聴記 その3

小生は室内楽を聞くことも多いので、 まず、 今はなきC

QUADRAL RHODIUM200 試聴記 その2

毎度おなじみ、試聴には必ず使う、 ハンス・クナッパーツブ

→もっと見る

  • 住所
    〒559-0031123
    大阪府大阪市住之江区南港東1-2-16
    ネットワークジャパン株式会社


PAGE TOP ↑