*

QUADRAL AURUM SEDAN 9 試聴記その17

公開日: : 試聴記, CLASSIC, QUADRAL, SEDAN 9

SEDAN 9の試聴記は、
一応これで最後となります。
試聴記の割に長く続けることができました。
SEDAN 9とお別れするのは少し寂しいですが、
まあ、仕方ないですね(^^;。

このところ、
CDを聞くよりも、
LPを聞く方が多くなっています。


今回は、
あらいぐま堂のブログと、
記述がダブりますが、
毎日のように聞いているのが、
トスカニーニによる1947年11月24日、
NBC交響楽団とのカーネギーホールでのセッション録音の、
チャイコフスキー/交響曲第6番「悲愴」です。
いやにエコーが盛大だな...と思ったら、
いつものスタジオ8Hではなく、
聴衆が入っていない、
ガランとしたカーネギーホールでの録音でした。

LPは日本ビクターから出ていた国内盤で、
AT-1053というトスカニーニ・エディションの普及廉価盤です。
実は以前、このLPの音が好きではありませんでした。
高域にエネルギーが固まり、
低域の薄い音で、
ギスギスした印象がありました。
それを最近入手した、
MUSICAという日本のアンプメーカーの、
RAICHO 3 フォノアンプを購入、
このフォノアンプにはプリセットで、
6つのイコライザーカーブがセットしてあり、
カーブを切り替えながら聞いてみました。

AT-1053は1960年以降のリリースですから、
RIAAカーブのはずなのですが、
RIAAカーブで聞くと結果はあまりよくありません。
以前持った印象通りです。
そこで、oldAESとoldNABというカーブがプリセットされていますので、
それで再生すると、
驚くほどの好結果が得られました。
oldNABでは中域に少し癖が出るので、
oldAESの方が良いみたいです。
高域はやや不足気味ながら低域が豊かになり、
ティンパニーの音やコントラバスが非常にしっかりと聞こえます。
そうすると、セカセカ気味に聞こえたトスカニーニによる「悲愴」が、
緊張感をはらみながらも、
非常にゆったりとした音楽に聞こえてくるから不思議です。
おそらく、マスターは独自のカーブであったと思われます。

この結果に気をよくした小生は、
19日に東京で開催した「QUADRALでクナを聞く」でも、
一つの実験として、
RIAAカーブで録音した「悲愴」第3楽章と、
oldNABで録音した同じ楽章を、
来場者にSEDAN 9で試聴してもらいました。
クナッパーツブッシュの会でトスカニーニ、
というのも変な話ですが、
実験は大成功、
驚くほどよく響く低域が試聴室を満たしました。
拙宅ではJBL4312とSEDAN 9でその音の変化と威力をすでに聞いていたのですが、
さらにSEDAN 9で大音量にして聞くと、
得も言われぬ快感がありました。
トスカニーニの「悲愴」が大変な名演の記録であり、
当時の録音技術の優秀さがよく分かります。
SEDAN 9という、
比較的小さな筐体のスピーカーから、
低域の充実感を含め、
もの凄いエネルギーの音が聞けたことも脅威的です。

これに気をよくした小生は、
あれこれ中古盤LPを漁る結果になっています。
CDではその再生音に不満のあった、
ジョン・バルビローリ指揮のマーラー/交響曲第5番と第9番のLPを中古で入手、
CDではチャンネルセパレーションがあまりよくないリマスタリングであったのか、
と気づかされたり、
旧ソヴィエトMELODIYA盤をカーブを変えて聞くとか、
ウィレム・メンゲルベルクの古いLPとか
トスカニーニだけではなく古いモノラルのLPも、
あれこれ聞いては楽しんでいます。

今回は、
そのトスカニーニによるチャイコフスキー/交響曲第6番「悲愴」
第3楽章をRIAAとoldAESで録ったものをアップロードします。
あくまで研究・実験用です。
前述のように、
たぶんオリジナルカーブであったと思われますので、
oldAESではやや高域不足です。
それでも、雰囲気を聞いていただけたらと思います。
LPが古いのでピチパチノイズや、
oldAESはステレオカートリッジで録ったためか、
低域のサーフェスノイズが盛大ですのでご容赦を(^^;。
RIAA

AES

さて、
次はどんなスピーカーが試聴機で回ってくるのやら、
楽しみではあります。


なお、販売はブラックになります。
SEDAN 9
型式:2ウェイ バスレフ型 ブックシェルフスピーカー
定格出力:120W
ミュージックパワー:180W
再生周波数帯域:33Hz~65,000 Hz
クロスオーバー周波数:2800 Hz
能率 (dB/1W/1m):85 dB
インピーダンス:8 Ω
ツイーター:quadral quSENSE® リボン型
ウーハー:180 mm φ quadral ALTIMA®
レベルコントロール:トゥイーター±2dB
外形寸法 (高さx幅x奥行):39 x 23 x 35 cm
重量:14.5 kg(1本)
価格:570,000円(税別・ペア)

なお、SEDAN 9(ブラック)は入荷しております。
全国のQUADRALを扱っていただいている、
オーディオ専門店でご注文可能です。
ぜひ専門店でご注文ください。
ただ、近くにオーディオ専門店がない、
あるいはネットショップなどでアカウントがない、
という方は、以下からご注文可能です。
SEDAN 9通販ページへ

kna_baka_syuzo

関連記事

QUADRAL AURUM SEDAN 9 試聴記その7

SEDAN 9は古楽器の演奏録音にもいいのでは? ということで、ロンドン・バロックの

記事を読む

AURUM RODAN9試聴記5

RODAN9の前回の試聴では、アコースティックなソースでの試聴をしました。 ですので、今回は趣を変

記事を読む

AURUM TITAN9を聴く

3月よりダイナミックオーディオ5555 4FにてAURUM TITAN9を展示頂いています。 先日

記事を読む

帰ってきたASCENT20LE試聴記 その3

2013年に85歳で亡くなったコリン・デイヴィスは、 一時期、飛ぶ鳥を落とすような勢いがあ

記事を読む

QUADRAL AURUM SEDAN 9 試聴記その6

今回もクナッパーツブッシュの録音、 DECCAのウィーン・フィルとの「ポピュラーコンサート

記事を読む

AURUM RODAN9試聴記8 スピーカーケーブル交換編

過去のAURUM RODAN9の試聴記には、REALCABLEの普及価格帯のスピーカーケーブルを使用

記事を読む

AURUM RODAN9試聴記2

設置が終わったAURUM RODAN9についてレポートと思いますが、AURUM9シリーズの特徴につい

記事を読む

QUADRAL RHODIUM200 試聴記 余録その2

QUADRAL RHIDIUM200を外し、 元の友人作ブックシェルフに戻しました。 と

記事を読む

QUADRAL RHODIUM200 試聴記 その5

オーディオ機器の試聴会によく使われる音楽に、 リヒャルト・シュトラウスの 「ツァラトゥス

記事を読む

QUADRAL GALAN 9 試聴記 その13

GALAN 9は、 室内楽、器楽曲、独唱曲に、 信じられないくらい抜群の威力を発揮します

記事を読む

TOKYO AUDIO BASE2019出展後記 2

26日のTOKYO AUDIOBASE2019のネットワークジャパンの

TOKYO AUDIO BASE2019出展後記 1

先週25日、26日東京 御茶ノ水の「ホテルマイステイズ御茶ノ水」にて開

帰ってきたASCENT20LE試聴記 その5

小生は多くの音楽ファンと話をする機会がありますが、 高名な割

帰ってきたASCENT20LE試聴記 その4

小生が最近はまっていることは、 30~40数年前のカセットテ

帰ってきたASCENT20LE試聴記 その3

2013年に85歳で亡くなったコリン・デイヴィスは、 一時期

→もっと見る

  • 住所
    〒559-0031123
    大阪府大阪市住之江区南港東1-2-16
    ネットワークジャパン株式会社


PAGE TOP ↑