*

QUADRAL AURUM SEDAN 9 試聴記その16

公開日: : 試聴記, CLASSIC, QUADRAL, SEDAN 9

ワーグナーの楽劇からの音楽は、
陶酔するような耽美的な部分があり、
ドイツの伝統的な器楽派からは嫌われる反面、
多くの信奉者を生み出しました。
さらにドイツだけではなく、
フランスはワーグナーの毒が回ったというか、
多くの作曲家がワーグナーの影響から抜け出るのに四苦八苦しました。
映画産業が盛んになると、
ワーグナーの楽曲からインスピレーションやヒントを得た映画音楽が、
盛んに銀幕を盛り上げました。

ワーグナー管弦楽曲集というと、
さまざまなオペラや楽劇の序曲や前奏曲、
各場面の音楽を演奏会用に編曲された録音が多いです。
ワーグナーの楽劇は、
その全体を聞いて、
初めて理解できるということが少なくありませんが、
なんせ、楽劇は長いので管弦楽曲集は重宝します。
家のCDの棚には、
もちろんクナッパーツブッシュをはじめ、
古今の様々なワーグナー管弦楽曲集がありますが、
その中でもロヴロ・フォン・マタチッチが、
1975年にNHK交響楽団と残した、
12月4日のライヴ録音に大きな感銘を受けました。


マタチッチはバイロイト祝祭音楽祭にも登場、
1959年に「ローエングリン」を指揮しました。
マタチッチがどの程度、
歌劇場でワーグナーのオペラや楽劇を指揮したのか分かりませんが、
非常に優れたワーグナー指揮者の一人だったといっても、
過言ではないと思います。
この、NHK交響楽団とのライヴ録音からも、
その片鱗を聞くことができます。

録音年代の割に、
CDに収録された音が非常によく、
ホールにいるような臨場感があります。
SEDAN 9は解像度が高いため、
さらに楽器の分離が見事で、
音がだんごになって聞こえるということはありません。

「パルジファル」第一幕への前奏曲は非常にゆっくりとしたテンポで、
クナッパーツブッシュの若いころの演奏録音よりも遅いくらいですが
(1964年の録音を除いて、
クナッパーツブッシュは若いころの方がテンポがゆっくりしています)、
楽劇の前奏曲の意味するところを、
渋さをもって余すとことなく聞かせてくれます。
当時のNHK交響楽団から、
これだけの豊穣な響きと同時に、
真摯な「パルジファル」を聞けるのは、
大きな喜びでもあります。

続いて「パルジファル」から、
「聖金曜日の音楽」が収録されていて、
「パルジファル」が好きな人なら、
その音楽に触れるだけで心が震えること請け合いです。
マタチッチは小細工をせず、
ごく自然にゆったりと「聖金曜日の音楽」を演奏させてゆきますので、
その感動はひとしおです。
マタチッチは1959年、自身がバイロイトに出演した時、
クナッパーツブッシュが「パルジファル」を指揮をしたとき、
その指揮台のすぐそばで、
クナッパーツブッシュの指揮姿をつぶさに見ていたそうですので、
大きな啓示を受けていたのかもしれません。
マタチッチはクナッパーツブッシュに、
「私は先生を尊敬します」
と言ったところ、
「もう一度俺のことを先生と言ってみろ、てめぇの尻を蹴っ飛ばすぞ」
と言われたそうですが。
通常、管弦楽曲としての「聖金曜日の音楽」の演奏では、
歌手が出てこない不満がどうしても出てしまうのですが、
マタチッチの演奏では、
そういう不満が出てこないことが不思議です。
非常に美しい演奏録音です。

「パルジファル」からの2曲で既に大満足ですが、
CDにはさらに、
「ジークフリート」から「森のささやき」、
「神々の黄昏」から、
マタチッチ編曲による、
「序奏~ジークフリートのラインへの旅」、
「葬送行進曲~終曲」が収録されています。
この後半の3曲も素晴らしい演奏録音です。
「神々の黄昏」からの2曲は、
ダイジェスト版とはいえ、
非常にうまく編曲してあり、
交響詩「神々の黄昏」第1部、第2部というような雰囲気です。
オーケストラにたまにミスがあったりよろける部分はありますが、
楽曲が楽曲なだけに、
あまり気にせず、この名演を楽しむことができます。
マタチッチのワーグナーの楽曲に対する愛情が伝わってきます。
「序奏~ジークフリートのラインへの旅」の解放感は素晴らしいですし
(最後は少しぎょっとしますが^^;)、
「葬送行進曲~終曲」も楽劇を彷彿とさせ
(ドキッとするノイズが混入しますが^^;;;;)、
行進曲の途中から大迫力で、
終曲(ブリュンヒルデの自己犠牲)では渦を巻くように、
楽劇の終焉に向けて凄味のある演奏が繰り広げられてゆきます。
その音の洪水はさすがに凄く、
コンサート会場にいた人は、
陶酔と忘我の境地だったのではないか...と想像できます。
羨ましい...。
抜粋でも、
こういう演奏や演奏録音に接すると、
確実にワーグナーの「毒」にやられますね(^^)。

SEDAN 9の再現力も見事でした。


なお、販売はブラックになります。
SEDAN 9
型式:2ウェイ バスレフ型 ブックシェルフスピーカー
定格出力:120W
ミュージックパワー:180W
再生周波数帯域:33Hz~65,000 Hz
クロスオーバー周波数:2800 Hz
能率 (dB/1W/1m):85 dB
インピーダンス:8 Ω
ツイーター:quadral quSENSE® リボン型
ウーハー:180 mm φ quadral ALTIMA®
レベルコントロール:トゥイーター±2dB
外形寸法 (高さx幅x奥行):39 x 23 x 35 cm
重量:14.5 kg(1本)
価格:570,000円(税別・ペア)

なお、SEDAN 9(ブラック)は入荷しております。
全国のQUADRALを扱っていただいている、
オーディオ専門店でご注文可能です。
ぜひ専門店でご注文ください。
ただ、近くにオーディオ専門店がない、
あるいはネットショップなどでアカウントがない、
という方は、以下からご注文可能です。
SEDAN 9通販ページへ

kna_baka_syuzo

関連記事

AURUM RODAN9試聴記2

設置が終わったAURUM RODAN9についてレポートと思いますが、AURUM9シリーズの特徴につい

記事を読む

QUADRAL AURUM SEDAN 9 試聴記その8

今回は日本での録音を2つ。 2つともあまり一般的なCDではなく、 ひとつは自主制作盤、 も

記事を読む

AURUM RODAN9試聴記5

RODAN9の前回の試聴では、アコースティックなソースでの試聴をしました。 ですので、今回は趣を変

記事を読む

QUADRAL GALAN 9 試聴記 その7

GALAN 9の試聴、 少し趣向を変えてLPを聞いてみました。 フルトヴェングラーのSP

記事を読む

QUADRAL AURUM SEDAN 9 試聴記その12

親子二代にわたって指揮者、 兄弟も指揮者という、 珍しい存在がパーヴォ・ヤルヴィです。

記事を読む

オーディオセッション イン大阪2017 無事終了しました 

オーディオセッションin大阪が無事終了いたしました。 多くの方々に参考出品のAURUM MON

記事を読む

AURUM RODAN9試聴記6

今回のRODAN9の試聴は、アナログ盤でレポートしようと思います。 アナログディスクも録音年代を問

記事を読む

QUADRAL AURUM SEDAN 9 試聴記その5

知人からクナッパーツブッシュの古いLPの板起しCDRが届き、 それを聞いているうちになんだ

記事を読む

QUADRAL AURUM SEDAN 9 試聴記その13

シベリウスは、 交響詩「フィンランディア」、 交響曲第2番、 ヴァイオリン協奏曲がやた

記事を読む

QUADRAL GALAN 9 試聴記 その13

GALAN 9は、 室内楽、器楽曲、独唱曲に、 信じられないくらい抜群の威力を発揮します

記事を読む

AURUM TITAN9を聴く

3月よりダイナミックオーディオ5555 4FにてAURUM TITAN

QUADRAL RHODIUM200 試聴記 その4 一家に1台パラメトリックイコライザー

今、以前なら考えられなかったことをいろいろ実験中です。 あら

QUADRAL RHODIUM200 試聴記 その3

小生は室内楽を聞くことも多いので、 まず、 今はなきC

QUADRAL RHODIUM200 試聴記 その2

毎度おなじみ、試聴には必ず使う、 ハンス・クナッパーツブ

QUADRAL RHODIUM200 試聴記 その1

QUADRAL RHODIUM200が到着、 試聴を始めまし

→もっと見る

  • 住所
    〒559-0031123
    大阪府大阪市住之江区南港東1-2-16
    ネットワークジャパン株式会社


PAGE TOP ↑