*

AURUM RODAN9試聴記4

公開日: : 試聴記, CLASSIC, QUADRAL, RODAN9

AURUM RODAN9でヴァイオリンのディスクを聴いてみました。
今回は、3つのフォーマットのディスクと3種類のヴァイオリンの音を試聴。
フォーマットは、SACD、アナログLP、DVD-AUDIOの3種類。
ヴァイオリンは、ストラディヴァリウス、グァルネリ、カミリア・カミリーの3種。
年代も1955年のステレオ初期から1981年のデジタル録音、2002年のハイレゾ録音から選択しています。

 

①ヤッシャ・ハイフェッツ「ブラームス&チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲」(SACD)
使用楽器:ストラディヴァリウス
(1955年録音)

 

ハイフェッツを聴くと、彼独特の歌いまわしに引き込まれてしまいます。
速いパッセージ、力強いビブラート、時に語り掛けるような演奏は、あまりに強烈すぎハイフェッツという音楽を聴いているかの如くに思います。
メロディアスなブラームスの協奏曲も甘ったるさは皆無で辛口ではあるが、なぜかロマンティックなのです。
ストラディヴァリウスの力強い音が、ハイフェッツの奏法とあっているのだろうと思います。ハイフェッツ愛用の"ドルフィン"は、諏訪内晶子が現在日本音楽財団から長期貸与されているとの話は有名ですよね。

RODAN9は、その力強いタッチと第2楽章で聴かれる流麗なタッチの差を正確に鳴らし分けています。
厚みのあるオケとヴァイオリンのバランスも良く、帯域バランスも偏りが無いのを確認できました。

 

②チョン・キョンファ「チャイコフスキー/メンデルスゾーン:ヴァイオリン協奏曲」(アナログLP)
使用楽器:グァルネリ
(1981年録音)

彼女は、グァルネリを好んで使用しています。グァルネリは、ストラディヴァリウスに対して、太い音と低域に特徴があるといわれています。しかし私は、彼女の演奏の高音の音色に魅力を感じてしまいます。
このことがずっと引っかかっていたのですが、2年前に一つ納得した出来事が有りました。大阪での彼女の演奏会の折に、一緒に写真を撮らせていただく機会を得た時のことです。目の前の彼女は、ステージで見るよりずいぶん小柄な佇まいでした。
そして、サインを所望した時に見たペンを握る彼女の手が、非常に柔らかで小さかったことが印象的でした。そこでふと思ったのですが、おそらくこの彼女の小さな手が指板にピンポイントで当たり、ピッチのずれやブレの少ない音色を出せるのではないかと。彼女の高音の音色の魅力には、その彼女の小さな手が大いに関係していると一人納得した出来事でした。

RODAN9も彼女のヴァイオリンの倍音が美しく、しかも柔らかさと滑らかさをもって聴かせてくれました。以外にもヒステリックさや金っぽい音が出てこず、ミッドレンジとトゥーターのつながりの良さ、トゥーターの性能の高さを感じました。このスピーカー、見た目金属的なリボン型からは想像できない音色を持っています。

 

③奥村愛「愛のあいさつ」(DVD-AUDIO,96kHz/24bit)
使用楽器:カミリア・カミリー
(2002年録音)

エルガー、サラサーテ、ガーシュイン、ピアソラ等が収められた小品集。
このディスク、彼女の可憐な姿にほぼジャケ買いに近い買い方でしたが、大変録音が良く、空気感や高音域のチェックによく使用しています。

カミリア・カミリーという楽器については不勉強ですが、RODAN9では、ピアソラの美しい旋律が聴けました。DVD-AUDIOのフォーマットはスッキリとしたクールなニュアンスが特徴的ですが、彼女の凛とした演奏とともに、ここでもなめらかで、温かい音色が出たのが驚きでした。
ヴァイオリンのハイポジションの音色に注視しても聴いてみましたが、録音の違いはともかくキョンファのグァルネリとの違いを明確に聴かせてくれました。豊かな胴鳴りを伴ったグァルネリと弦の響きが美しいカミリア・カミリーの音色の対比が聴き分けられます。

TUNTUN

関連記事

帰ってきたASCENT20LE試聴記 その1

帰ってきたASCENT20LE...、 と言っても、前に試聴したASCENT20LEではな

記事を読む

AURUM RODAN9試聴記1

QUADRAL AURUM RODAN9の試聴をレポートします。 【スペック】 型式

記事を読む

AURUM RODAN9試聴記3

延べ120時間のエージングを終え、AURUM RODAN9のエージングチェックをしてみました。

記事を読む

AURUM RODAN9試聴記6

今回のRODAN9の試聴は、アナログ盤でレポートしようと思います。 アナログディスクも録音年代を問

記事を読む

帰ってきたASCENT20LE試聴記 その3

2013年に85歳で亡くなったコリン・デイヴィスは、 一時期、飛ぶ鳥を落とすような勢いがあ

記事を読む

QUADRAL ASCENT20LE 試聴記 その6

今回は、 知られざる作曲家の作品の素晴らしさと、 録音の素晴らしさに驚いた、 ジョルジ

記事を読む

QUADRAL AURUM SEDAN 9 試聴記その11

今回、またまたアンプを変えました。 今度は日本の小さなメーカーMUSICAの RAICH

記事を読む

QUADRAL AURUM SEDAN 9 試聴記その3

ラフマニノフは、 少し前なら小生はほとんど聞かない作曲家でした。 ピアノ協奏曲第2番も、

記事を読む

AURUM RODAN9試聴記7

AURUM RODAN9の試聴は、Classicのアナログのダイレクトカッティング盤、3枚をチョイス

記事を読む

QUADRAL GALAN 9 試聴記 その13

GALAN 9は、 室内楽、器楽曲、独唱曲に、 信じられないくらい抜群の威力を発揮します

記事を読む

TGTS01 番外編

小生が試聴に使っているのは試作品です。 製品版TGTS01も試聴

2020/11/15 AudioRenaissanceOnline

しばらく忙しい時期が続き、 ブログの間が空いてしましました。

TGTS01 試聴記 その14

小生が試聴に使っているのは試作品です。 製品版TGTS01も試聴

TGTS01 試聴記 その13

小生が試聴に使っているのは試作品です。 製品版TGTS01も試聴

TGTS01 試聴記 その12

小生が試聴に使っているのは試作品です。 製品版TGTS01も試聴

→もっと見る

  • 住所
    〒557-0045
    大阪府大阪市西成区玉出西2-16-3
    ネットワークジャパン株式会社


PAGE TOP ↑