*

AURUM RODAN9試聴記7

2017/09/29 | 試聴記, CLASSIC, QUADRAL, RODAN9

AURUM RODAN9の試聴は、Classicのアナログのダイレクトカッティング盤、3枚をチョイスしました。 オルガン曲1枚、オーケストラ曲2枚を聴き、レポートします。  

続きを見る

QUADRAL AURUM SEDAN 9 試聴記その9

アンプをAccuphase E-306Vから、 LUXMAN L-540に変えてみました。 本当はL-540ではなく、 上位機種のL-570が欲しかったのですが、 当時価格が自分には高

続きを見る

AURUM RODAN9試聴記6

2017/09/22 | 試聴記, QUADRAL, JAZZ, RODAN9

今回のRODAN9の試聴は、アナログ盤でレポートしようと思います。 アナログディスクも録音年代を問わず高音質なものが数多くありますが、せっかくなので究極の製造過程ともいえるダイレクトカッティング盤を

続きを見る

QUADRAL AURUM SEDAN 9 試聴記その8

今回は日本での録音を2つ。 2つともあまり一般的なCDではなく、 ひとつは自主制作盤、 もう一つは元の発売会社がなくなってしまい、 廃盤になって、 他のマイナーな会社から出ている(かも知

続きを見る

QUADRAL AURUM SEDAN 9 試聴記その7

SEDAN 9は古楽器の演奏録音にもいいのでは? ということで、ロンドン・バロックの ヘンリー・パーセル/弦楽によるファンタジア集を聞きました。 1983年の録音ですから、 まだ古

続きを見る

AURUM RODAN9試聴記5

2017/09/13 | QUADRAL, ROCK, RODAN9

RODAN9の前回の試聴では、アコースティックなソースでの試聴をしました。 ですので、今回は趣を変え、電子楽器を多く含むソースをと思います。 そこで選んだのが長年聴き馴染んだソース、ピンク・フロイ

続きを見る

QUADRAL AURUM SEDAN 9 試聴記その6

今回もクナッパーツブッシュの録音、 DECCAのウィーン・フィルとの「ポピュラーコンサート」です。 1960年、クナッパーツブッシュDECCAへの最後の録音です。 古いキングレコード盤(

続きを見る

QUADRAL AURUM SEDAN 9 試聴記その5

知人からクナッパーツブッシュの古いLPの板起しCDRが届き、 それを聞いているうちになんだか懐かしくなり、 自分が音楽を聞く主戦場たる、 クナッパーツブッシュの残された音源に手を伸ばしま

続きを見る

QUADRAL AURUM SEDAN 9 試聴記その4

今回は合唱曲を聞いてみました。 フォーレとデュリュフレのレクイエムです。 ミシェル・コルボ指揮ベルン交響楽団の、 最初に録音したフォーレ/レクイエムは1972年の録音です。 L

続きを見る

QUADRAL AURUM SEDAN 9 試聴記その3

ラフマニノフは、 少し前なら小生はほとんど聞かない作曲家でした。 ピアノ協奏曲第2番も、 ごくたまにスヴャトスラフ・リヒテルのDG盤を聞く程度でした。 演奏者にとって難易度の高い楽曲だ

続きを見る

AURUM TITAN9を聴く

3月よりダイナミックオーディオ5555 4FにてAURUM TITAN

QUADRAL RHODIUM200 試聴記 その4 一家に1台パラメトリックイコライザー

今、以前なら考えられなかったことをいろいろ実験中です。 あら

QUADRAL RHODIUM200 試聴記 その3

小生は室内楽を聞くことも多いので、 まず、 今はなきC

QUADRAL RHODIUM200 試聴記 その2

毎度おなじみ、試聴には必ず使う、 ハンス・クナッパーツブ

QUADRAL RHODIUM200 試聴記 その1

QUADRAL RHODIUM200が到着、 試聴を始めまし

→もっと見る

  • 住所
    〒559-0031123
    大阪府大阪市住之江区南港東1-2-16
    ネットワークジャパン株式会社


PAGE TOP ↑