*

QUADRAL ASCENT20LE 試聴記 その9

公開日: : 最終更新日:2017/08/15 試聴記, CLASSIC, QUADRAL, ASCENT20LE

ASCENT20LEの試聴も残り少なくなってきましたが、
今回は声楽を聞いてみました。
フランスの名花レジーヌ・クレスパンのベストアルバムです。
このCDのジャケットではその美しさが十分伝わってきませんが(^^;、
他の画像やスリーヴを見ると大変な美人で、
「天が二物を与えた人」のひとりだな、
と思えます。

クレスパンはそれほど知っていた歌手ではないのですが、
ハンス・クナッパーツブッシュのバイロイトでの「パルジファル」で、
1958年、1960年の2回、クンドリーを歌っています。
クンドリー歌手として常連であったマルタ・メードルのような、
深い音楽表現はありませんが、
クレスパンの正確な音程と歌声に、
いっぺんにファンになってしまったのでした
(最初のリハーサルではクナッパーツブッシュのテンポと合わず、
クナッパーツブッシュから何時ものひどい言葉で罵倒されたそうですが、
クレスパンはクナッパーツブッシュのドイツ語が分からなかったそうです^^)。
クレスパンはショルティの「ばらの騎士」の伯爵夫人、
同じくショルティの「ワルキューレ」でもジークリンデを歌っています。
その他、ロンバールの「カルメン」などもあります。

クレスパンの特徴は、
正確な音程、
柔らかな歌声、
コントロールの効いたビブラート、
ドラマチックな歌唱からリリックな歌唱まで実に幅の広い表現力、
などが挙げられます。

“The Very Best of …”と題された2枚組のCDは、
フランス・オペラからの抜粋、
フォーレなどのフランス歌曲、
ワーグナーの歌劇からの抜粋とヴェーゼンドンクの歌、
シューマンの歌曲、
そして、ヴェルディとプッチーニのイタリア・オペラからの抜粋と、
ほぼクレスパンのレパートリーを縦断する形でまとめられています。
どれも名唱で、
クレスパンの実力がいかにすごかったか、
分かるような内容になっています。

ASCENT20LEで試聴、
クレスパンの柔らかな歌声がそれこそ降り注ぐようで、
至福の時間が得られました。
CDプレーヤーPIONEER PD-T06は、
20KHz以上の音を独特の方法で再現するCDプレーヤーですが
(レガートリンクコンバーションと言います)、
倍音がきれいに載り、
高域特性にすぐれたASCENT20LEでは、
クレスパンの歌声が美しく再現されてゆきます。
これは、録音の差もあるでしょうが、
大方の歌手の録音でも有効だと思います。
また、SACDやハイレゾ音源でも、
ASCENT20LEはオーケストラや室内楽、独奏曲だけではなく、
人の歌声にも、
かなりの威力を発揮するスピーカーであることが分かります。

フランス・オペラやフランス歌曲はもちろん、
ワーグナーの抜粋や歌曲集、
イタリア・オペラのどれもが素晴らしいです。
「パルジファル」より「幼子のあなたが母に抱かれているのを見た」の
危険な色気にはゾクゾクします。
「ヴェーゼンドンクの歌」は数ある同曲の録音の中でも、
ベストに近い出来です。
さらに、フォーレ「夢のあとに」や「月の光」の素晴らしさは、
筆舌に尽くしがたいほどです。
カントルーブ「オーヴェルニュの歌」からの2曲の表現力も凄いですね。
凄い歌手だったんだな、
と改めて思います。

後で気が付いたのですが、
このCDに含まれるほとんどの管弦楽の指揮が、
ウィーン・フィルのニューイヤーコンサートで人気に火が付き、
今年初旬、惜しくも亡くなったジョルジュ・プレートルでした。
プレートルは1970年万博クラシックの時にパリ管弦楽団と来日、
小生も聞きにゆきましたので(マーラー/交響曲第1番など)、
ひじょうに懐かしい指揮者です。
特に、その後プレートルのオペラの指揮にあれこれ接したのですが、
歌手の呼吸に合わせるのが実に上手い指揮者でした。

ついでに他の歌声も聞いてみようと、
1昨年リリースされた元モーニング娘の「なっち」こと、
安倍なつみがミュージカルナンバーなどを歌った、
「光へ...」というアルバムも聞いてみました。
NHKドラマ「坂の上の雲」の主題歌「STAND ALONE」、
同じくNHK朝の連続テレビ小説「カーネーション」の主題歌は、
オリジナルの歌手による録音の方が、
表現力は遥かに凄い...ということは分かっているのですが、
安倍なつみのCDではその録音が自然で、
よく、オーディオ機器の評価に使いました。
結果は極めて良好、
「STAND ALONE」のスケールの豊かな管弦楽、
「カーネーション」冒頭の
オルゴールの音を模したグロッケンシュピールの音色や、
安倍なつみの息遣いがしっかりと聞こえ、
高域特性が優れているスピーカーにたまにある、
「サシスセソ」が変に強調されることもなく、
なおかつASENT20LEでは聞き疲れがしません。
スピーカーを意識しないで、
それぞれの歌の世界に入り込むことができました。


ASCENT20LE
【スペック】
ASCENT 20LE (アセント20LE)
型式:2ウェイ
基本デザイン:バスレフ型
入力:定格60W/最大90W周波数特性(Hz):40~46,000Hz
クロスオーバー周波数(Hz):2.700Hz
能率(dB/1W/1m):86dB
インピーダンス(Ω):4~8Ω
ユニット構成:Tweeter φ25mmAluドーム型トゥイーター
Woofer φ135mm Titanium-PP
サイズ:H30.9cm×W17.7cm×D27.0cm
重量(kg)1台:5.15kg
ターミナル:ゴールドコンタクト シングル・ターミナル
価格:ペア 138,000円(税別)
仕上げ:マットブラック

関連記事

QUADRAL AURUM SEDAN 9 試聴記その7

SEDAN 9は古楽器の演奏録音にもいいのでは? ということで、ロンドン・バロックの

記事を読む

AURUM RODAN9試聴記6

今回のRODAN9の試聴は、アナログ盤でレポートしようと思います。 アナログディスクも録音年代を問

記事を読む

QUADRAL GALAN 9 試聴記 その2

エルネスト・アンセルメとスイス・ロマンド管弦楽団は、 DECCAの黄金コンビでした。 D

記事を読む

帰ってきたASCENT20LE試聴記 その5

小生は多くの音楽ファンと話をする機会がありますが、 高名な割に「分からない」と言われるのが

記事を読む

QUADRAL AURUM SEDAN 9 試聴記その3

ラフマニノフは、 少し前なら小生はほとんど聞かない作曲家でした。 ピアノ協奏曲第2番も、

記事を読む

クナッパーツブッシュ研究会へ協賛

先日、ドイツの指揮者クナッパーツブッシュ研究会Kna-clubのオフ会「ハンス・クナッパーツブッシュ

記事を読む

QUADRAL RHODIUM200 試聴記 余録 

QUADRAL RHODIUM200は残念ながら販売終了ですが、 幸い試聴機はいまだに家に

記事を読む

AURUM RODAN9試聴記2

設置が終わったAURUM RODAN9についてレポートと思いますが、AURUM9シリーズの特徴につい

記事を読む

QUADRAL ASCENT20LE 試聴記 その6

今回は、 知られざる作曲家の作品の素晴らしさと、 録音の素晴らしさに驚いた、 ジョルジ

記事を読む

QUADRAL ASCENT20LE 試聴記 その7

ラフマニノフ/ピアノ協奏曲第2番もそうでしたが、 チャイコフスキー/ヴァイオリン協奏曲も、

記事を読む

帰ってきたASCENT20LE試聴記 その6

あちこち中古LPを漁って歩いていると、 思いがけず「へー!」と唸るL

オーディオフェスタ・イン・ナゴヤに参加してきました

2月16日・17日、 名古屋で開催された、 オーディオフェ

TOKYO AUDIO BASE2019出展後記 2

26日のTOKYO AUDIOBASE2019のネットワークジャパンの

TOKYO AUDIO BASE2019出展後記 1

先週25日、26日東京 御茶ノ水の「ホテルマイステイズ御茶ノ水」にて開

帰ってきたASCENT20LE試聴記 その5

小生は多くの音楽ファンと話をする機会がありますが、 高名な割

→もっと見る

  • 住所
    〒559-0031123
    大阪府大阪市住之江区南港東1-2-16
    ネットワークジャパン株式会社


PAGE TOP ↑