*

QUADRAL ASCENT20LE 試聴記 その1

公開日: : ASCENT20LE, QUADRAL, 試聴記

QUADRAL AURUM GALAN 9から、
ASCENT20LEに乗り換えての試聴開始です。
GALAN 9は驚異的な解像度と周波数特性でしたが、
ASCENT20LEはさらに小型で、
そこまでのスペックはないものの、
やはり解像度に優れ、
同価格帯のブックシェルフスピーカーを凌いでいます。

なにより、
ニアフィールドで聞くと、
GALAN 9ではいやでも集中しながら聞けてしまうという、
ハイファイスピーカーながら
モニタースピーカー系の鳴りっぷりも併せ持っていましたので、
いろいろな録音の細部まで聞けたのですが、
ASCENT20LEの鳴り方は非常にニュートラルで、
そこまでの細部は聞けないながら、
おおらかに音楽を楽しませくれます。
ながら的にでも、
集中して音楽を聴くということでも、
ASCENT20LEはスピーカーを意識せず、
安心して聞くことができるという大きなメリットがあります。

足回りは、
スパイク付デュポンコーリアンを3点支持で敷き、
低域もしっかり出ていますので、
非常にいい感じです。

トゥイーターはAURUMシリーズのようなリボンではありませんので、
GALAN 9のような突き抜けた高域は聞けませんが、
充分な高域を聞くことができます。

家にある古いCDプレーヤー、
Accuphase DP-70とPioneer PD-T06では、
GALAN 9では当たり前のようにDP-70の方が、
凄い解像度で聴かせてくれたのですが、
ACSENT20LEでは、
PD-T06の20KHz以上の音を再生する、
当時のPioneer独特のレガートリンクコンバーションシステムとの相性が非常によく、
DP-70よりも気持ちよく音楽を楽しむことができています。
20KHz以上の音は人間の耳には聞こえませんが、
倍音が豊かになって中域が充実して聞こえるというメリットがあります。
また、高域の周波数特性がかなりあっても、
つながりの悪いスピーカーはペケです。
ASCENT20LEはその点、合格です。

DP-70とPD-T06をSTAXのイヤースピーカーシステムで聞くと、
圧倒的にDP-70の方が音の解像度、
ダイナミックレンジともよいのですが、
こと、スピーカーで鳴らすとなると、
CDプレーヤーとスピーカーの相性が大切になるようです。
今回はPioneer PD-T06でASCENT20LEを聞くことにしました。

ASCENT20LEで、
まずクラシックからジャズ、ポップスまで試験的に聞いてみたのですが、
これぞ小型ブックシェルフのスタンダード!
ともいえる音を聞くことができます。
聞き疲れが全くなく、
それでいて解像度も高く、
かなりの小型ながら周波数特性にも優れているという、
ある意味、驚異的な性能を持っています。

小生はワーグナーのオペラや、
ブルックナーやマーラーの長大な交響曲を聞くことが多いので、
ニアフィールドで「聞き疲れがしない」
ということは、
スピーカー選択の大きな条件になります。
凄い音を聞かせてくれるスピーカーでも、
1時間も聞くとヘロヘロに疲れてしまう...というのは、
できれば避けたいという面がありますので(^^;。

次回から、いろいろな音楽を、
ASCENT20LEで聞いてゆきたいと思います。


ASCENT20LE
【スペック】
ASCENT 20LE (アセント20LE)
型式:2ウェイ
基本デザイン:バスレフ型入力:定格60W/最大90W周波数特性(Hz):40~46,000Hz
クロスオーバー周波数(Hz):2.700Hz
能率(dB/1W/1m):86dB
インピーダンス(Ω):4~8Ω
ユニット構成:Tweeter φ25mmAluドーム型トゥイーター
Woofer φ135mm Titanium-PP
サイズ:H30.9cm×W17.7cm×D27.0cm
重量(kg)1台:5.15kg
ターミナル:ゴールドコンタクト シングル・ターミナル
価格:ペア 138,000円(税別)
仕上げ:マットブラック

kna_baka_syuzo

関連記事

QUADRAL GALAN 9 試聴記 その10

フランスのCharlin(シャルラン)というレーベルは、 名レコーディングエンジニア、

記事を読む

QUADRAL GALAN 9 試聴記 その4

続けてハンス・クナッパーツブッシュの録音。 まあ、小生の聞く音楽の本丸ですのでご容赦を。

記事を読む

QUADRAL GALAN 9 試聴記 その7

GALAN 9の試聴、 少し趣向を変えてLPを聞いてみました。 フルトヴェングラーのSP

記事を読む

QUADRAL GALAN 9 試聴記 その14

GALAN 9の試聴の最後、 たまにはクラシック以外にと試聴に選んだのは、 アール・クル

記事を読む

QUADRAL GALAN 9 試聴記 その2

エルネスト・アンセルメとスイス・ロマンド管弦楽団は、 DECCAの黄金コンビでした。 D

記事を読む

QUADRAL GALAN 9 試聴記 その13

GALAN 9は、 室内楽、器楽曲、独唱曲に、 信じられないくらい抜群の威力を発揮します

記事を読む

QUADRAL GALAN 9 試聴記 その11

フランスには、 器楽曲や室内楽に優れた録音がたくさんあります。 今回のアルバムは、 フ

記事を読む

QUADRAL GALAN 9 試聴記 その6

今回でクナッパーツブッシュの音源試聴はラストです(^^;。 ハンス・クナッパーツブッシ

記事を読む

2017年5月7日、ポタフェスに出品しました

大阪で「ポタフェス」が開催、 弊社もORB様のブースでQUADRAL RODAN 9を展示、た

記事を読む

QUADRAL GALAN 9 試聴記 その5

クナッパーツブッシュの試聴が続きます。 小生の聞く音楽の本丸ですのでご容赦を(^^;。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

QUADRAL ASCENT20LE 試聴記 その3

今回はLPで、 アンドレ・プレヴィン指揮ピッツバーグ交響楽団

オーディオラックSOUNDMAGIC XU03FSⅡ導入記9(番外編)

XU03FSⅡ導入記の番外編です。 最近出会った、CDについてご紹介

QUADRAL ASCENT20LE 試聴記その2

ASCENT20LEが我が家にやってきて、 試聴を開始したの

QUADRAL ASCENT20LE 試聴記 その1

QUADRAL AURUM GALAN 9から、 ASCEN

オーディオラックSOUNDMAGIC XU03FSⅡ導入記8(音質総評)

前回まではCDディスクやアナログディスクにて様々なジャンルの音楽を聴き

→もっと見る

  • 住所
    〒559-0031123
    大阪府大阪市住之江区南港東1-2-16
    ネットワークジャパン株式会社


PAGE TOP ↑